歌手になるには

歌手になろうとして、カラオケなどでひたすら歌い続けるのが近道だと考えている人がいるかもしれません。それも正しい事です。

どんなにキレイな声でも肺活量がないと歌いきる事はできませんし、声帯を鍛えるのにも有効です。

スポーツ選手でいう筋トレと同じなのですから、根を詰め過ぎない程度には行うべきです。

ですがそれだけでは不十分です。歌手は歌詞や曲調によって、声を使い分け雰囲気を伝えられる事が重要だと思います。

例えばロックとラブソングを同じような声のトーンで歌った場合、果たして曲の魅力を伝えきる事ができるのかは疑問です。

そこでさまざまな体験をして、感性を磨くべきでしょう。

例えば「母にプレゼントして」という歌詞があったとしたら、自分も実際に母にプレゼントをしてみて、どういう言葉を言ったのか・言われたのか、どういう気持ちになったのかを把握しましょう。

そうすれば声のトーンの変えるタイミングが理解できるはずです。後は歌手になりたい気持ちを忘れなければ、なる事はできるはずです。

歌手になるとこんないいことがある

歌手になりたいという方の大前提として歌が好きだから仕事にしたいという気持ちがあるはずです。

そのため、歌手になって歌を仕事に出来たら、それだけでも幸せなことだと思います。

しかし、その上でさらに人気が出て、多くのファンの方がつくと歌うという仕事以外にもいいことが増えてきます。

その一つがファンからのプレゼントです。歌手として人気が出ると誕生日や発売記念イベント、ライブなど様々な場面でファンからプレゼントを受け取る機会が多くなります。

どのような物でもプレゼントをもらえることは誰しも嬉しいことだと思いますが、それだけが歌手になったから享受できるいいことというわけではありません。

なにかの記念や節目にプレゼントを贈りたいとファンから思ってもらえる自分自身であるということが歌手にとっては本当に嬉しいことだといえます。

またそうしたファンの気持ちや行動が自信や歌手としてのさらなる向上を目指す力になっていくはずです。

歌手の辛さ

みなさまは歌手の辛さをご存知でしょうか。歌を歌うということはみなさまが子どもの頃から慣れ親しんだことだと思います。

みなさまが持つその声は生まれながらにしての楽器であり、生来にしてプレゼントされたものです。

現代ではカラオケが各地へ広がり、気軽に歌を歌える環境が整っています。

しかし、プロである歌手は歌いたい時だけ歌えばいいというものではありません。

当然、歌うことが生業である以上、適当に歌っていたのでは報酬が得られず生活することができません。

日頃から体調を管理し、仕事に備えることが要求されてきます。会社にお勤めになられている方からすると、就業時間以外は何をしてもよい時間です。

そのような本当の自由なプライベートがないことも歌手の辛さではないでしょうか。

一方で、曲のクオリティに対する辛さもあります。歌手というものは巷に溢れており、光るものがあってこそ仕事にありつける職業であります。

ただ音程を外さず歌えばいいということではありません。その歌手自信の声、歌唱法によってファンを獲得し、魅了することが求められます。

そのような過酷な環境の中での差し入れやプレゼントは心が暖まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です