レストランウエディングをする際の注意点

結婚式はしたいけれどもできるだけ経費は押さえたい、式場であげるよりももっと気軽に挙式したい。

そんなカップルにおススメなのが「レストランウエディング」になります。

レストランウエディングは文字通り、レストランなどを借り切ってのウエディングプランになります。

プランナーなどをいれずに自力でのセッティングになることも多く、レストランウェディングは様々なポイントを押さえていく必要があります。

 

希望のレストランではウエディングプランがあるかどうかのチェック

レストランは本来ウエディングができるようには作られていません。

レストランウエディングなどのプランがある場合はある程度話もしやすいですが。まったくそのようなプランがない場合は挙式などができないことが一般的です。

また、ウエディング可能でも控室や着替えなどができるかどうかなども事前に確認することが大事になります。

ウエディング可能でも控室がないなども珍しくないので、本決定の前にこの部分はしっかりとチェックしておきたい部分になります。

当日までに持ち込むものがレストランウエディングは非常におおいので、控室に荷物などを置かせてもらえるかは非常に大事です。

 

おススメになるのはレストランウエディングを前面に出している店舗になります。

 

人数の確認

レストランウエディングで大事なのは人数の確認になります。

レストランは本来挙式ができるようにはつくられていないものであり、控室などもない場合も珍しくありません。

また、収容人数とは別に待機できるスペースなどにどれだけの人数がはいれるのか、同じ場所で二次会を行う場合などには人数の増減なども確認する必要があります。

レストランの収容人数を呼びたい人数などがあわない場合は会場の変更なども考える必要が出てきます。

レストランウエディングは収容可能人数よりも招待人数は少なめにすることで会場を広く使うことにも繋がります。

 

実際の挙式の実績などを見せてもらう

レストランウエディングは実際にそのお店で挙式した人などの実績を見せてもらうことがおすすめになります。

この際に招待人数などをいくつか見ることで自分たちの挙式のパターンをくむことが可能になります。

レストランウエディングは料理をメインに考える人が多いですが、大事なのは収容人数やウエディングの際のオーナメントなどの飾りつけ、控室の使用の可、不可などになってきます。

実際の挙式の実績などでこれらが確認できるので気になるお店などはホームページや電話、アポイントを取って直に訪問してみるといいかもしれません。

貸衣装との連携

レストランウエディングの会場が決まった後には衣装屋との話合いになります。

通常であれば結婚式場などにドレスなどを運んでくれるので保存なども容易になっていますが、普段挙式などをしない場所への持ち込みの場合は保存状態などにも変化が出てきます。

控室がしっかりとしている場合は臭いなども気にせずに済みますが、それでない場合は当日までの保管で臭いが付いたなどもありえないとは言えません。

前日の夜にドレスを搬入するにも立ち合いが必要な場合などもあります。

レストランウエディングであることを衣装屋に伝えて判断を仰ぐこともおススメになってきます。

リサイクルドレスの活用

レストランウエディングなどで多く活躍するのがリサイクルドレスになります。

これは型落ちや少し古くなったドレスなどを安価で購入し、自分で持ち込むことになりますがドレスの状態な度をチェックしたり、セルフカスタムなども可能であり前日にお店に持っていくだけでいいという手軽さがあります。

 

どうしても管理が難しいときは

式の前はやることが多く、ドレスなどの管理まで手が回らない。

これはよくあることです。この場合は衣装屋とお店で連絡を取り合ってもらうことで間に自分たちが入ることをカットし、最短の管理が可能になります。

決まったことなどは当日中に連絡が入ることがほとんどなのでタイムロスなども少なくて済む方法です。

料理などの決定

予算内で人数分の料理をお願いしていくことになります。

料理などはお店におススメを幾つかコースで提示してもらいその中に追加していくなどでオリジナル色を出してくなどが一般的です。

また、レストランウエディングなどの場合はプチフールなどをお土産にすることなども多く、女性の人気に繋がっています。

料理などは大まかなイメージなどを伝えるだけでもお店の方である程度提案してくれるので細かな指定などよりもある程度任せてしまってもいいでしょう。

引き出物などはどうしたいいのか?

レストランウエディングの場合はそのお店の名物などをお土産にすることが多く、そのほかにカタログギフトなどを付けることで荷物なども少なくすることに繋がります。

また、カタログギフトなどは保管場所などもとらないのでレストランウエディングの場合は上記のプチフールやワインなどと一緒に参列者に渡すことが多いです。

引き出物などの相談もお店の方と打ち合わせていくことになり、お店の名物などを一緒に持たせる場合などは個数などの確認も大事になります。

レストランウエディングのメリットの一つである、挙式で出た食事の一部を自宅でも食べれるなどを考える場合にはスイーツやプチフールなどをお店の方に当日までに準備してもらうことになるので、最終人数の確認などは忘れずに行い、お店と連絡を取り合っていくことになります。

最終的な費用は?

レストランウエディングの最大のメリットは料金が披露宴や挙式などを式場であげるよりも大幅にやすくなることにあります。

式場などをかりる場合の半額以下などで終えられることが多いですが、その分自分たちで準備することも多くなります。

ですが、ポイントを押さえれば非常にスムーズに進行していくのでレストランウエディングであり、急に挙式を挙げることになった場合もレストランウエディングの場合は準備などもしやすいこともメリットになります。

会費制などで挙式を考える人もレストランウエディングであることが多いのもここに起因します。

結婚式で印象を左右するもので最も大きなものが食事になります。

食事が満足できない人が多い人式の印象は悪くなってしまいがちなので、短期間で準備ができて食事もおいしいレストランウエディングならばこの部分の不安を大きくカットすることにも繋がります。

特に急な挙式の際には不穏な空気なども流れやすいものですが、美味しい食事と素敵なレストラン、気の利いたお土産などがある場合はそちらで大幅に印象を変えることにも繋がります。

レストランウエディングは3ヶ月ほど準備期間があればほぼ挙式と同じような計画を作ることもできますが、引っ越しや妊娠などで出来るだけ早い挙式をと考える場合は2週間などで準備も可能です。この場合はプランナーに依頼して、リラックスしてもらいたいのと急な計画になってしまったのでレストランウエディングが希望だと伝えればスムーズに進みやすくなります。

挙式をする予定ではなかったけれども急きょやることになったなども多く、その際にもレストランウエディングは早目の準備が可能なので非常におすすめ方法になります。

2週間などの場合はプランナーがいない場合はレストランウエディングを請け負ってくれる店舗を経由してプランナーを立ててもらうなども可能なので。自分たちだけではどうにも出ないないと考える前に一度相談してみることがおすすめといえます。

おすすめの記事→結婚式をあげるにあたって必要なもの