両親の還暦のお祝いに旅行をプレゼントしよう!

還暦とは、60歳の誕生日を意味し、由来は十干十二支から来ています。

干支が一巡し元の干支に戻るのが、60年かかるため、暦が一巡するまで長生きすることが出来たので、縁起がいいと言われています。

人間は全員いつか必ず死を迎えます。60歳を迎えることなく、亡くなってしまう事も当然にあるため、還暦まで生きられたという事は非常におめでたいことで、まして五体満足で心身ともに健康だったらいう事なしなのです。

日本でのお祝いは、本人に赤色の衣服をプレゼントすることで有名です。ちゃんちゃんこが一般的ですが、頭巾を送る場合もあります。

昔は、魔よけという意味あいで、赤ちゃんに産着としてプレゼントされていましたが、今では、第二の人生の始まりという意味あいで、還暦祝いにも、赤色の衣服をプレゼントする風習になっています。

この時期に会社を退職して、死を迎えるまでの残り時間をゆったりのんびり好きな事をして暮らすというのが一番理想です。

還暦祝いに旅行のプレゼント

両親が心身ともに健康で無事に還暦を迎えることが出来たら、赤色の衣服のほかに、旅行をプレゼントする事をおすすめします。

旅行のメリットとしては、今の時代は高速道路が発達しているため、日本国内の大概の地域は気軽に行く事が可能です。

沖縄や一部の島は飛行機でしか行くことができませんが、四国や九州は高速道路が開通していますし、北海道へも新幹線で行ける様になっています。

旅行といえば、十人十色というように、人それぞれ好みが違いますが、グルメと温泉の旅行をプレゼントして、喜ばない人はまずいません。

基本的に有名な夕食付の温泉旅館に行けば、その地方の名物料理も堪能できるため、グルメと温泉はセットになっています。

自宅から現地まで直行で行って、のんびり宿を満喫するのも良いですし、ちょっと物足りない場合は、観光を挟むというのも一つの手段です。

旅行はツアーを利用するのが便利

旅行をプレゼントする場合、さまざまなプランがありますが、一番無難なのは、ツアーを利用する事です。

ツアーでは、途中の休憩時間や観光時間が短い時もありますが、家族の誰もが運転しなくていいという最大のメリットがあります。

自分で車を運転する場合、万一の事故にあえば、楽しい一時を過ごせるはずが、全て台無しになってしまいます。

その点ツアーの場合は、万一があった場合でも、会社が全て保証してくれるので安心です。

ツアー会社の運転手はプロの運転手なので、他人から故意に事故をおこされない限り、まず事故の心配はしなくて大丈夫です。

滞在期間が短い場合や、1週間程度で色々訪れたい場合は、ツアーがおすすめですが、長期滞在したい場合は、宿を各自で予約し、新幹線のグリーン車や特急列車の利用がおすすめです。

還暦になって仕事を退職した後、1ヶ月くらい温泉旅館に泊まって美味しいものを食べてくつろげば、誰でも精神面に余裕がうまれ、第2の人生の生き方を考えられるようになるため、一石二鳥にも三鳥にもなります。

また、良い親孝行にもなるため、おすすめします。

 

参考記事→意外と喜ばれる!還暦祝いに日帰り旅行をプレゼントするメリット