プレゼントにも喜ばれるハウスクリーニング

洗面台やキッチンなどのハウスクリーニングをプレゼントすることが流行っています。

自分で掃除をしていてもどうしても汚れが溜まりがちな水周りをプロにクリーニングしてもらうと、驚くほど綺麗になります。

新品に間違えるくらいつるつるぴかぴかになるので、その後のお手入れもとても楽になります。

ただ、なかなか主婦にとっては自分でするべき仕事だと考えているものや、自分ですれば無料だと思うことにお金をかけるのは勇気がいるものです。

お金そのものよりも、自分がハウスクリーニングを利用することに対する夫や家族の反応が気になって躊躇する人が多いのです。

しかし、水周りの掃除というのはなかなか大変です。洗面台のような毎日汚れを治す場所はなおさらです。

少し手を抜くとすぐにカビが生えたりぬめりが出てきます。

鏡も触らないようにしていても気づかないうちに水がはねたりして、曇ったり汚れなどが生じます。

これを年配の方がぴかぴかにしようとすると本当に大変です。

綺麗に磨くのは意外と力仕事になりますし、専用の洗剤を揃えたりも結構手間になるものです。

そんな大変なハウスクリーニングだからこそ、プレゼントとして大いに喜ばれる

だからこそプレゼントすると喜ばれるのです。

誕生日などの記念日でも良いし、母の日や敬老の日などの祝日などの毎年恒例のプレゼントとして差し上げれば、美しい状態を保つ事が出来るのでありがたく受け取ってくれるでしょう。

年齢を重ねた人だけでなく、忙しい働くお母さんや小さな子供のいる家庭でも、洗面台などを綺麗にしてもらえるのは嬉しい事です。

ご主人が日ごろの奥さまへの感謝やねぎらいを込めてプレゼントするのもとても喜ばれます。

今はものに不自由している時代ではないので、プレゼントも高価な物よりも、想いのこもったものの方が喜ばれたりします。

そんな時代にハウスクリーニングのプレゼントはうってつけです。

大切に思っている人の負担を減らしながら、日ごろの感謝も伝える事が出来るハウスクリーニングを近しい人へのプレゼントとして送って見ると良いでしょう。

男性におすすめのプレゼント

女性が恋人の男性に贈るプレゼントのおすすめですが、実用的な日用品がベストです。

ハンドタオルやカットソー、文房具やパソコン周辺機器、スマートフォンのアクセサリーがおすすめとなります。

ファンシーなぬいぐるみや服飾小物も悪くないアイデアですが、大人の男性の好みではありません。

また女性に比べて費用対効果や合理性に厳しいのが、日本人男性の特徴です。

あまり高価なプレゼントを贈っても逆効果ですし、可愛すぎるフィギュアや自分好みではない服飾小物をプレゼントにすると、返って好感度が下がってしまいます。

プレゼントを受け取り拒否する酷い男性はいませんが、相手が受け取った時のリアクションが明らかに苦笑いになってしまえば、贈った方としても不満が残ります。

ハンドタオルやカットソーであれば身近なお店でも買えますし、実用性が光るアイテムです。

大抵の男性は喜んで受け取ってくれますし、あまり身なりに気を使うタイプではない方だと、そもそも品質の良いタオルやトップスを持っていない事が多く、思いがけないプレゼントに歓喜乱舞する可能性さえあります。

ボールペン・万年筆などの文房具もおすすめ

また文房具なら仕事でも使えるボールペンや万年筆がおすすめです。

あるいはメカニカルな雰囲気が漂う製図用シャープペンも男性には人気があります。

文房具としてはやや高価ですが、プレゼントとしては1000円前後となり、女子高生のお小遣いでも気軽に贈れるカジュアルアイテムとなっています。

スマホ・PC周辺機器も人気

またスマートフォンやパソコン周辺機器も男性には歓迎されます。

普段利用しているデジタル機器をよく女性目線でチェックしておき、彼氏がスマートフォンを裸で使っているなら手帳型ケースやシリコンカバーをプレゼントしましょう。

パソコンを普段から利用している方なら、Bluetoothのマウスやアニメキャラを模したマウスパッド等を贈れば感激されるはずです。

周辺機器やアクセサリーは「あれば便利だけど、無くても良いもの」なので、世の男性陣は持っていない事が多く、プレゼントの品としてはベストマッチでしょう。

敬老の日に喜ばれる手作りプレゼント

敬老の日は長年にわたって社会の発展に尽くしてこられた高齢者の方々に感謝をするとともにその長寿をお祝いする行事です。

自治体によっては記念品や長寿祝い金を支給したり、敬老会を開催したりしますが、身近な人からのプレゼントは高齢者にとって特に嬉しいものではないでしょうか。

敬老の日に喜ばれる手作りプレゼント、袋物

高齢の方は多かれ少なかれ、身体に何か不調を抱えている場合が多く、通院や投薬が欠かせないようなのでそんな場合に役に立つように、手作りの袋物はどうでしょう。

材料は、人形製作のときにでる帯地や着物の端切れ、あるいは袋物専用にしっかり織られた生地も呉服店や人形小物店の店先で売られていますし、着物を仕立てた時の端切れがあればそれを使うのもいいです。

女性なら数寄屋袋風に作って磁石のボタンで留めれば使い易く、贈る方の好みに合わせて色柄を少し華やかな感じに仕上げれば喜ばれます。

大きさは生地と相談しながら大小自由に決めればいいので、セカンドバッグ風に使ってもらえます。

男性なら信玄袋にします。表地はしっかりした厚地の渋い色相の、例えば黒や焦げ茶系の生地なら裏地には草色かさび朱等の布を合わせるとおしゃれです。

手提げ袋もおすすめ

また、男女問わず、普通に手提げ袋も喜ばれます。

着物の反物の幅はそのまま手提げ袋にすると、A4サイズの書類が入る大きさにはちょうどよいです。

習い物等している方には喜ばれます。裏側にポケットを付けたり、口側は大きなスナップで留めたりできるようにしておけば気軽に使ってもらえます。

こうした袋物のなかに、ちょっとしたお菓子とかお茶など入れて贈るのもよいですし、お孫さんがいるなら手紙を書いてもらって一緒に渡せば喜んでくれるでしょう。

また、いろいろな種類のビーズが売られていますから、それでネックレスを作るのはどうでしょう。

小さいお子さんが手作りするならストラップにすればいつも小物につけて持っていてくれるでしょうから、かわいい袋に入れて”おばあちゃんいつまでも元気でね”などの言葉を書き添えてプレゼントすれば喜んでくれること間違いないです。

上司におすすめのプレゼント

日頃お世話になっている上司の誕生日や昇進祝いであったり、時には退職時や転勤というように遠くへ行ってしまう時など、プレゼントする機会というのは意外と多いものです。

しかし上司に対してどのようなものをプレゼントしたら良いのか悩んでしまいますよね。

そこで今回は上司が喜ぶおすすめのプレゼントをご紹介いたします!

①スイーツなどのお菓子系

女性でも男性でも喜ばれやすいのがスイーツなどのお菓子系です。

女性に対してならちょっと可愛いものを選ぶと喜ばれますし、男性や40代~60代の人には綺麗な和菓子といったお菓子を選ぶのがおすすめです。

またお菓子の種類は好き嫌いを把握したうえで購入するようにしましょう。

②お酒

お酒が好きな上司なら、地酒や海外のお酒といった近くで売っていないようなお酒をプレゼントしてみるのも良いです。

女性の場合は白ワインやロゼワインといった甘めのお酒が喜ばれ、飲みやすそうなものがおすすめです。

男性の場合はビールや赤ワインが好きな傾向にあります。

いずれにせよ好きなお酒を把握しておき、ちょっと高級なお酒を皆で買うというのも喜ばれます。

③ハンカチやタオル

実用性のあるものをプレゼントしたいならブランド物のハンカチやタオルがおすすめです!

ただ誕生日や昇進祝いといった時にハンカチやタオルをプレゼントすると「手巾」(てぎれ)という意味があり、別れを連想するので避けた方が良いと言われています。

お別れするのが寂しいという気持ちを伝えられる退職祝いや転勤といった場面で送ると良いでしましょう。

まとめ

上司へのプレゼントとなると、何だか特別に良いものをあげなきゃと思って深刻に考えてしまいがちですが、上記のようなものでも十分に気持ちは伝わります。

また予算としては誕生日や日頃の感謝の気持ちを伝える場合は1万円前後で、退職祝いや転勤など遠くへ行ってしまう場合は3万円前後だと言われています。

あくまでも相手に気を遣わせすぎないものを送るというのがベターです。

友達におすすめのプレゼント

大切な友達へのプレゼントはとても迷います。

人それぞれ好みがあり、部屋のインテリアを統一している場合も多く、部屋の雰囲気に合わないものを渡すと困る人も多くいます。

せっかく、もらったプレゼントを捨てることもできず、置き場所に困ることも十分にあり得ます。

友達へのプレゼント、「形として残らないもの」がベスト

ですので結果「形として残らないもの」を考えるのがおすすめです。

例えば、好きな飲食店の予約をして、一緒に食事を楽しみ、その代金を受け持ったり、友達が好きなお菓子などの食べ物をリサーチしておき、それがとてもおいしいお店で購入したものを渡すなどすれば、友達も喜んでくれるでしょう。

もし、形として残るものをぜひ渡したいと思う方は、事前にどのようなものが欲しいか聞き、友達が欲しいものをプレゼントしましょう。

友達へのプレゼント、高価なものはNG

あとプレゼントする価格ですが、高すぎても安すぎてもよくありません。

高価なものを渡すと相手には負担になり、それ相応のものをいつか返さなければと思い、プレッシャーになってしまいます。

相手の金銭感覚を考えながら負担のならない程度のものにしましょう。

友達へプレゼントする時は、手書きのメッセージを添えて

そして友達にプレゼントする際には、ぜひ手書きのメッセージを添えてください。

日ごろ、メールやSNSなどで連絡を取り合うことがほとんどですので、手書きのメッセージを添えるだけで、単にプレゼントを渡すよりも気持ちが伝わります。

長年のめったに会うことのできない友達なら、この際思い切って、思いのこもった長めの手紙を書いてみませんか。

少し恥ずかしいですが、遠距離であまり会えなくても、心のこもった手紙をもらえば、距離がぐっと近づきます。

日ごろ、よく会う友達なら、短めの手紙をさらっと書いて渡すのが良いでしょう。どちらにしても手書きがポイントです。

日ごろ、手書きの手紙をもらうことが少ない分、大好きな友達から手書きの手紙をもらうのはとてもうれしいものです。

今以上に、良い関係を築くことができるでしょう。

祖母におすすめのプレゼント

祖母と同居している人も遠くにいる人も、敬老に日や還暦、誕生日にプレゼントをあげましょう。

おばあちゃんはどんな物をあげたら喜ぶと思いますか?

祖母におすすめのプレゼントその1:椅子

おばあちゃんにおすすめのプレゼントの一つがイスです。

ソファーみたいに大きな物ではなくて、疲れた時にちょこんと座れるいわゆる腰掛の様な物。

年を取ると誰でも腰が痛くなり、疲れやすくなります。良く街中で自分の押して来たカートに座って休んでいるおばあちゃん見た事ありませんか?

お家でもおばあちゃんは疲れます。現役で台所に立ったり、家事をしている人もいるでしょう。

そんな家事の合間にちょっと腰掛けられる物があるとすごく楽なのです。おばあちゃんの身長に合った高さで安定の良い低すぎないイスがおすすめです。

きっと毎日使ってくれるでしょう。

祖母におすすめのプレゼントその2:スカーフ&薄手のマフラー

それからスカーフや薄手のマフラーもいいですね。

お年寄りは寒さに弱いです。ちょっと気温が下がるだけで身体が痛くなったり。身体の温度調節に薄いスカーフなどがピッタリです。

軽くて薄ければお家の中でも巻いていられるし、夏でも使えます。家の中でスカーフを巻いているおばあちゃん意外と多いですよ。

柄は顔色が良く見える明るめを選んでください。ガチャガチャした柄より少しシンプルな柄の方が上品なおばあちゃんに見えます。

同じ理由で軽いニット帽もいいですね。使いやすい斜めがけバッグやリュックもお出かけの時便利なようです。

両手が空くのがすごく楽みたいです。軽く大きすぎず、デザインもシンプルな物を選びましょう。

杖や手押しカートなどあまり年寄り染みた物を嫌がる方もいます。おばあちゃんだっていつまでも若々しくいたいのです。

元は少女なのですから、少し可愛らしい物をあげても喜ぶかもしれません。

このように毎日の生活がちょっと楽になる便利な物を探してみてください。でも孫の顔を見るのが一番のプレゼントかもしれませんね。

遠くに離れて暮らしている人も、プレゼントを持って顔を見せてあげれば元気になりますよ。

地域限定お菓子を通販で購入する還暦世代

還暦世代になると、時間的なゆとりも生まれそれに加えて経済的なゆとりも生まれるために、様々な趣味や学びへの時間を費やせるようになります。

それだけ、60歳まで生きてこられた人生の節目という年齢になって初めて、いろんな意味で楽しみを広げることができるのが還暦ではないでしょうか。

還暦といっても、昔の人に比べるとずいぶんと若く見えて生き生きと暮らしている方がとても多いのが現在の日本人ですが、それだけに、興味のあることが還暦世代だからこそというのではなく、若い世代に人気を集めていることに関しても、還暦世代の方も同様に注目を集めています。

還暦世代に地域限定のお菓子が人気

特に人気を集めているのが、地域限定のお菓子の数々です。これは、各地のお土産として販売されている銘菓とは限りません。

普通にスーパーで販売されているお菓子でも、地域限定のものがあるからです。

その地域でしか購入できないというプレミア感があるので、その魅力にひかれてしまうのかもしれません。

ご当地だけでしか購入できないとなれば、それだけその商品への魅力を感じさせるのが特徴でしょう。

ネット通販の利用で楽しみ広がる

しかも、地域限定のお菓子は、その土地へ出向いて買い求めなくても、現在では気軽に通販で購入することが可能になっているので、さらに還暦世代の購入の後押しをしているのかもしれません。

特に、日本人の傾向としては、限定という言葉に弱い部分もあるので、還暦世代になるとさらに時間的、経済的なゆとりもあることも功を奏して、地域限定のお菓子を通販で購入する楽しみにひかれることも多くなってしまうのも頷けます。

また、お子さんやお孫さんにも地域限定というプレミア感のあるお菓子であれば、一緒に食べるにしても話題性もあり楽しみもより広がるのではないでしょうか。

このように、地域限定のお菓子は、若い世代に限ったものではなく還暦世代にも浸透していて、多くの方々が通販を利用して気軽に様々な人気のあるお菓子を味わうことが可能になっているのも、インターネットの恩恵ではないでしょうか。

 

出典:還暦のお祝い屋

なつかしい還暦世代の駄菓子

駄菓子というと、子供の少ないお小遣いで買うことの出来るお財布にとても優しいお菓子のことを言います。

現在では昔ながらの個人経営でおばあちゃんが切り盛りしている駄菓子屋という形態こそ形をなくしてはいるものの、ショッピングセンターなどの一角に駄菓子屋スペースが設けられていたり、お菓子売り場には昔ながらのチューインガムや、ココアシガレットなどが並んでいます。

子供にやさしい低価格のお菓子という物自体は長年受け継がれています。

還暦世代の人でいうと、60年代が駄菓子を購入していた主な年代になるのではないでしょうか。

その頃に販売開始された、または販売されていた駄菓子を紹介します。

1960年代に販売されていた懐かしい駄菓子

当たり付きが嬉しいチョコバットは1964年から販売開始されました。

パン生地にチョコレートをコーティングした食べやすく美味しい形態は現在でも大人気です。

ペンシルチョコレートやチロルチョコレートなど、子供に大人気のチョコレート菓子もこの頃販売開始されました。

この世代で販売されていた駄菓子は他にもサイコロキャラメルやココアシガレット、都こんぶなどがあれば、カステラや金平糖、米菓子などのスタンダードなお菓子があります。

どれも世代の方にはノスタルジーを感じる思い出深いお菓子でしょう。

現在でも販売されているものはたくさんあるので、現在の子供にとってなじみの深いお菓子もあります。

駄菓子は祖父母と孫の共通の話題になりえる

還暦世代だとそろそろ可愛い孫に恵まれるという方もいると思われます。

駄菓子は大人にとっては当時の思い出がよみがえるノスタルジーに溢れる思い出の品であり、子供にとっては日常的に手軽に手を出すことの出来る嬉しい低価格のお菓子です。

その存在に対しての価値観には差異があるかもしれませんが、祖父母と孫の交流のための共通の話題となってくれるでしょう。

身近なものでありながら古くから現在まで続く歴史ある駄菓子は孫と祖父母世代を繋いでくれる重要なキーワードとなり得るかもしれません。

出典:還暦のお祝い屋

還暦のお茶友のお持たせギフト

高額すぎると相手が気づかいするので、2000円から3000円くらいが一般的です。

間に合わせで調達したと思わせると失礼にあたるので、先方の近所で買うのはマナー違反です。

一人暮らしなのか同居のご家族がいらっしゃるのか、年齢層や普段よく飲んでいるお茶は、コーヒー、紅茶、緑茶のどれかなど先方のことを考えて事前に用意しましょう。

初めて購入するお菓子より、この間いただいたので、とか美味しいと評判のお菓子を見つけたので、などと自分が食べてみて、先方にぜひ召し上がってほしいと思えるお菓子を選ぶといいですね。

一人暮らしやご夫婦で暮らしている方におすすめするのは、食べきれる量のお菓子です。

生菓子の場合は人数分だけにして、お花を添えると素敵です。

花束よりも、花瓶に生ける手間なしに、そのまま玄関や食卓に置けるアレンジメントが親切です。

子供や孫と同居している方には、ホールやロールケーキ、カステラなど切り分けられる大きいお菓子を持参して、ご家族みなさんで召し上がってください、とひとこと。気の利くお持たせになります。

少しずつ、先方のペースでご家族と一緒に食べていただきたいという思いがあれば、小分けした日持ちする和洋菓子を選びます。

季節にあったお菓子を贈ると喜ばれます。

旬のフルーツを使ったり、季節限定のものなら食べていただくとき、見た目にも楽しんでいただけます。

先方が、会社の元上司や先生など、敬意を払う相手であればリボン包装や、無地熨斗をつけ、風呂敷に包んで持参すると丁寧です。

紙袋の場合は、袋から出した状態でお渡しします。

気心の知れたご近所や実家、近しい親戚の場合は、人気ベーカリーの食パンや菓子パンなどもカジュアルな贈り物にぴったりです。

還暦と言えば、満60歳。若々しい人が多く、お茶トモのお持たせは羊羹や煎餅、と和菓子にこだわる必要はありません。

あっさり低カロリーよりも、こってり高カロリーが好まれることも。先方の好みをリサーチして、還暦に縛られないお持たせ選びをしましょう。

出典:還暦のお祝い屋

プレゼントにも最適な健康器具

父の日や母の日、もしくはご両親のお誕生日など、一体何を贈ればいいのか悩んだ経験はないでしょうか。

ご両親に健康で、長生きしてほしいという気持ちを伝えられるおすすめのプレゼントとして、健康器具が挙げられます。

おしゃれに気を使うご両親でしたら、マグネシウムリングや磁気ネックレスなどがおすすめです。

最近ではファッション性に優れていて、おしゃれなアクセサリーのようなデザインのものも数多くあります。

ファッションアイテムとしても素敵なだけでなく、肩こりの改善や血行促進にも効果的で一石二鳥ですね。

両親へのおすすめプレゼントその1:メディカルケア商品

また、歩数計や体重計などのメディカルケア商品もおすすめです。

一目で歩数だけでなく、移動距離や消費カロリーなども確認することができる歩数計であれば、歩くことが楽しく感じられること間違いなしです。

また、体脂肪率やBMI値がわかる体重計があれば、生活習慣病の予防などにも役に立つでしょう。

両親へのおすすめプレゼントその2:運動関連グッズ

よく運動をされるご両親であれば、歩数計と共にスポーツシューズやウォーキングシューズをプレゼントするのもおすすめです。

せっかく運動をしようと思っても、それで脚や膝を痛めてしまったり、合わない靴で靴ズレを起こしたりしてしまったら意味がありません。用途にあった靴を選んであげましょう。

両親へのおすすめプレゼントその3:マッサージ用品

他にも、マッサージ用品などはどんな方にプレゼントしても喜ばれるため、はずれがありません。

マッサージチェアやスツール、小型のマッサージ機などは肩こりや様々な部位のこりをほぐすのに効果的です。

また、つぼ押しグッズや足つぼスリッパ、青竹踏みなどはマッサージによる気持ちよさと、つぼ押しによる健康促進の両方の効果があり、こちらもまた一石二鳥ですね。

つぼ押しグッズなどをプレゼントする際は、どのつぼがどの部位の症状に効果があるのかを記載した図表などを一緒に贈るとさらに喜ばれるでしょう。

大切なご両親に、日頃の感謝の気持ちを込めて、素敵なプレゼントを贈ってあげてくださいね。