母親の喜寿のプレゼントにおすすめの5選

喜寿は数え年で77歳のお祝いになります。数えで77歳といえば、昔は長寿でお祝いをしたものですが、最近の日本の女性の平均寿命は80歳を過ぎています。

まだまだ足腰も丈夫で趣味を楽しみ、自分で身の回りのことをしたり、パートタイムで働いている方も珍しくありません。

現役で頑張っている方も少なくありませんので、あまりお年寄り扱いをすると気を悪くするのではとお祝いを控える方もいますが、家族やご友人に祝ってもらう機会はそうあるものではありません。

大人になると自分の子供や孫のためにお祝いをしてきたのですから、これまでの感謝を込めてプレゼントをすることをおすすめします。

旅行

母が喜ぶプレゼントとして、元気であれば、旅行が良いでしょう。行ってみたかった場所に行くのに又とない機会です。

自分一人だけでは旅行に行きにくいものですが、家族旅行であれば子供や孫がサポートしてくれるので安心して旅行に行けるという方も少なくありません。

海外旅行も現在では価格も押されられていますので、楽しい思い出を作りに家族や親族みんなで出かけるのも良いものです。

商品券

しかし、社会人の家族はなかなかみんなの休みが合わない場合もあるものです。そのような場合は商品券という選択肢もあります。

現金をプレゼントするのは味気がないものですが、普段お買い物をする百貨店の商品券などであれば利用価値が高く、自分が本当に好きなものを心置きなく購入することが出来ます。

実用的なもの

遠方にいるためなかなか実家に帰ることが出来ないという方は、実用的なプレゼントを送るのも良いでしょう。

毎日使う物としては、パジャマやエプロンなどの身の回りの物もおすすめです。

母の普段の趣味などを良く知っているようであれば、趣味に合う毎日使う物を送ると喜ばれるでしょう。

もしお孫さんがいらっしゃるのであれば、一緒に選ぶのも良い選択です。

送る際にはお孫さんのメッセージや絵なども添えるとより喜ばれます。家族みんなでお祝いをしていることが伝わります。

お花もプレゼントとしては最適です。

母が好きなお花を選んで送るのも良いですが、手入れが面倒だという方には最近はブリザードフラワーもおすすめです。

手入れが不要な上に、長い間美しい状態を保ってくれます。

ブリザードフラワーは名入れをしてくれるサービスもありますので記念に名入れをしてもらうと世界で一つの贈り物になります。

お酒

もし父、母ともにお酒を楽しまれるようでしたら、ワインや日本酒などお好きなお酒をプレゼントするのも良いでしょう。

喜寿の年齢になっても食事の際にワインを楽しまれる方も少なくありません。

ワインや日本酒でも、名入れをしてくれるサービスがありますので、名入れをしてもらうと喜んでもらえることでしょう。

その他にも、お二人の結婚記念日や、家族の思い出の日のワインなどを用意すれば、思い出深い喜寿のお祝いになることでしょう。

思い出のお酒と一緒に家族みんなで食事をするというのも忘れられない一日になります。

参考記事:母親の喜寿祝いにピッタリなプレゼント5選