ブリザーブドフラワー

子供連れの参列はどうそたらいいの?結婚式のNGとは

子連れでの結婚式への参加は様々な注意点があります。

基本的に乳幼児などがいる場合は参加を断ることが多く、参列などは4歳以上などが望ましいといえます。

特に、乳幼児などの場合でまだ断乳などが終わっていない場合は相手から希望されてもできるだけ断るほうが一般的にも無難とされます。

 

無理に乳幼児を連れて行かない方がいい理由

ネットなどに多いのは結婚式に乳幼児を連れてきて、途中で泣き出したり披露宴中に銃乳を始めた光景に出くわしてしまったなどがあります。

乳幼児は泣き出すものであり、授乳も必要な行為なのだからこのような言われ方をする必要はないという人もいるかもしれません。

 

授乳なども別室や授乳室などがある場合はそちらを利用することがベストであり、披露宴中に授乳などは結婚式の進行を阻害するものになります。

結婚式の主役はあくまで新郎新婦であることを念頭に置くことでこのような事態は回避できるかと思います。

 

また、乳幼児が泣き出してしまった場合などはキッズルームなどを使わせてもらうか、泣き止むまで披露宴場外などで過ごすことになります。

この際にも「泣くのはしかたがない」「子供のしたことだから」という言葉は自分が発するものではないことを認識することも大事になります。

子供が好きな参列者もいればその逆もいる。

この考えは非常に大事であり、無理に子供を連れて行かない方がいい理由にもなります。

 

新郎新婦から、子供さんも一緒にとあっても預けてくる人が多いことなどもこれに起因します。

どうしても預ける人がいない場合は乳児室やキッズルームがあるかどうか、当日に使用することができるのかどうかを会場に問い合わせて子供を連れていくかどうかを考えてもいいでしょう。

 

 

 

予期せぬことが多く起きる

結婚式などは子供さんにとっても珍しい光景であり、普段見ることのないドレス姿の花嫁などをみて興奮状態になることも多々あります。

普段おとなしい子でも緊張してしまったり興奮してしまったりで泣き出したり、嘔吐なども珍しくありません。

結婚式などは幕間に静かな部分などもあったり、転調などもあり、小さな子供さんなどが驚いてしまうことなどは珍しくありません。

また、おむつなどがまだ外れていない月齢の子供やトイレトレーニング中などの場合は会場内での粗相なども多く、せっかくの結婚式を台無しにされたなども多く上がる声になります。

「かわいい子供が参列すればみんなうれしい」という考えに間違いはありませんが、同時に「子供の声は騒音にもなりうる、式の進行を妨げる」なども考えておくべき問題です。

 

子供連れの結婚式はデメリットが多い

アルコールなども提供される場所であり、普段よりも子供の声が響きやすいなどで大声を上げてしまう人なども多いのが結婚式になります。

預けることができない場合や、会場にキッズルームや託児施設がない場合は無理に参列切に、子供の月齢がまだ結婚式に向かないことなどを理由に欠席でももんだいはありません。

この場合はご祝儀などを袋ごと書留などで送ることで参列する意思があったことなどを戦法に伝えることにもなります。

無理に連れて行って泣かせてしまうよりも、時には断ることなどのほうがスマートでもあります。

 

 

ブリザーブドフラワー

 

適齢期の子供の参列

6歳前後の子供であれば意思の疎通などもしやすいことから参列する不安なども少なくなります。

小学生などの場合は礼服などを着用した参列になり、中学生、高校生の場合は礼服、もしくは制服などでの参列がベストになります。

中高生はほぼ音など同等の扱いでOKであり、小学生でも高学年などであれば振袖などの着用でも問題はありません。

ドレスコードなどは年齢が上がれば問題が起きることはほぼありませんが、幼稚園や小学校低学年などの場合は、花嫁に似通ったドレスなどの着用は避けるべきものになります。

 

フラワーガールなどを頼まれた場合などはその時に着替えるかケープやドレープなどでアレンジするなどで対応していくことがおすすめになります。

 

白のドレスなどは出来るだけ避けておくことや、ティアラなどの装飾はやめておいた方がいいかもしれません。

花嫁に依頼された場合などはドレス的な物でもいいかもしれませんが、こちらの判断のみで「この方が喜んでくれる」という考えはあまり好まれないといえます。

結婚式の主役は新郎新婦であり、参列者の子供ではないことを念頭に置くべきです。

 

ご祝儀はどうするべきなのか

子供も一緒の参列、出席の場合に考える必要が出てくるのはご祝儀になります。

幼児などの場合は5000円の追加、小学生以降は1万円~15000円等の追加などが目安になります。

これは幼児などはキッズプレートなどの料金の目安であり、小学生などはコース料金などの計算になります。

子供の参加だから包まなくともよいという考えはあまりいいものではなく、中学生からは大人と同じ金額を包むことが一般的になってきます。

乳幼児などの場合でも酸化する場合にはきちんと包むことが大事です。

 

 

名前の書き方

夫婦などで参列する場合は連名にすることが多いですが、同じように子供さんを連名でかいても問題はありません。

世帯主だけを書いてご祝儀を渡しても親類などであれば認識できることが多いので世帯主だけという場合もあります。

混乱などを避ける場合には夫婦と子供の連盟が無難と言えます。

 

子供だけ別にご祝儀袋準備するなどの必要がありません。適切な金額を一緒に封入し、ご祝儀袋を1枚にして渡すことでもOKです。

 

子供だから許されるは許されない

子供だから結婚式などで騒いだりしても、許されると考える親は少なくありません。

中には主役は自分たちの子供だと言わんばかりの親も中には存在します。

礼節を守れる子供さんも多い中で、騒ぎ立てる子供さんを放置したままの両親などがいる場合は、その世帯を招いた側の品格などにも影響がでてきます。

結婚式は参列する側の行動が方々に影響を及ぼすことがあります。

乳幼児の参加などは不測の事態をまねやすいことから辞退する人が多いのも前述にあげたとおりになります。

また、無理に参列して「来てあげたのに」なども双方に良い結果は作りません。

 

ガーデンウエディングなどの参列

ガーデンウエディングなどの場合は季節によってはインフルエンザの感染なども考えられます。

待機できる場所があるかどうか、子供さん自身が体調不良などを親や周囲に訴えることができるかどうかなどに不安があるときは無理に参列せずに式場内の待機スペースなどで待っている方が無難になります。

特に、幼児や低学年児などは体調不良などを訴えにくく、状態が重篤になってから周囲が気付くなども珍しくありません。

また、昨今の熱中症で重篤な症例を引き起こしやすいのも幼児や低学年児であり、脱水状態などを伝えることができずに痛ましい事案なども起きています。

特に「眠い」「疲れた」などは脱水のだるさなどを訴えていることもおおく、伝え方がわからずにこのような表現になっていると考えてもいいかもしれません。

ガーデンウエディングなどは日陰などがない場合も多く、参列する場合には定期的な水分の補給ができるかどうか、待機スペースや避難できる場所などを確認しておくことも自己を防ぐために大事になります。

特に、礼装などは暑さなどをより籠らせてしまうことも多いので、幼児や低学年児のガーデンウエディングの参加は注意を払っていく必要がより大きくなります。

お勧めの記事→結婚式はなぜするの?結婚式を行う意味やメリットについて