写真

女性が貰って嬉しい喜寿の贈り物とは

ギフト

喜寿というのは77歳まで長生きをした長寿のお祝いのひとつです。

賀寿と呼ばれる長寿の祝には、60歳の還暦から始まりますが、

今や平均寿命が87歳を超える時代となり、喜寿ではまだ元気な女性がたくさんいる世の中となりました。

喜寿祝いに旅行券をプレゼントする人が増えている

航空券

そんな喜寿のお祝いに喜ばれるプレゼントで人気が高いのが旅行券です。

この年代の人は、まだ元気とはいっても体調が優れないこともあるかもしれません。

ですから、宿を予約してしまっては急なキャンセルに対応しきれない恐れがあります。

それにせっかく予約してもらった旅館をキャンセルするのは申し訳ないと、無理をして旅行に行き、体調を更に崩してしまうことだって考えられます。

その点、旅行券ならば自分の都合に合わせて使ってもらえます。

しかも、目的地が決まっているという訳ではないので自分が好きな場所を選べるというところも喜ばれる大きなポイントとなります。

メッセ-ジ入りフォトフレームも定番ギフトの一つ

メッセージ入りフォトフレーム

形として残るものをプレゼントしたいという希望があるならば、メッセ-ジ入りのフォトフレームをいうのも喜寿の女性が貰って嬉しい贈り物のひとつです。

特に遠くに住む息子や娘夫婦、孫も一緒に写った家族の写真は格別なものがあるのではないでしょうか。

特に遠方に住んでいるのならば、子供や孫に会う機会すら年に数回という場合もあります。

そんな時に、子供や孫のメッセ-ジ入りのフォトフレ-ムを貰ったら、一気に距離間が近づいて寂しい気持ちも吹き飛んでしまうことでしょう。

花を贈る場合は種類や色の組み合わせに注意しよう

花束

いくつになっても女性にとって貰って嬉しいプレゼントのひとつに花があります。

華やかな胡蝶蘭やバラも良いですが、敢えて喜寿の色である紫をモチ-フとした花を贈るという方法もあります。

しかし、ここで気をつけて欲しいのは、色の組み合わせです。

紫は高貴な色ですが、白と組み合わせるとお葬式を連想した色の組み合わせになってしまいます。

これでは大変縁起が悪いうえ、お祝いの席にはまるで相応しくありません。

従って紫の花に添えるのならば、明るくて華やかな色を選ぶようにしてください。

また、いくら明るい色でも仏花でもある菊等は避けた方が良いでしょう。

一般的に人に花を贈る場合は鉢植えの花は避けた方が良いと言われていますが、喜寿を迎える女性の間では実は鉢植えの花は人気があります。

その理由は自分で水をやって、育てていく楽しみがあるからです。

植木の花の種類を選ぶ際には、椿等の首からポトリと落ちてしまう花は不吉だと言われています。

なので避けた方が無難かもしれませんが、花が好きな人の中には、そういったことは全く気にならないという人もいます。

まずはさりげなくどういった花が好みなのかということを事前調査することをお勧めします。

切り花を贈るという際に、お花は綺麗だし貰ったら嬉しいけれど数日したら枯れてしまうのが、残念だという人もいます。

ブリザードフラワ-ならば手入れの必要がない

そんな人はブリザードフラワ-を選ぶという方法もあるので、覚えておいてください。

贈られる方の人の中にも花は大好きだけれど、年々体力的に手入れをするのが難儀になってきているという人もいます。

その点ブリザ-ドフラワ-ならば水をあげたり害虫の心配をする必要がありません。

大事にすれば10年ぐらい楽しめるものもあるので、是非検討してみてください。

オリジナリティーを演出したい方におすすめのギフト

額入りの似顔絵

ユニ-クなギフトを考えたいというのなら、額入りの似顔絵というのも良いアイデアです。

写真ならば撮る機会は度々ありますが、似顔絵というのはなかなか書いてもらう機会が少ないものです。

この似顔絵バージョンにはメッセ-ジ付きの額に入れるタイプのものをはじめとして、時計になっているタイプのものもあります。

また、インパクトがあるものを希望するのならば、ガラスケ-スに入ったフィギュアにしてリビングに飾るという方法もあります。

似顔絵を使ったギフトはユ-モアたっぷりの女性の間では人気の一品です。

写真を送付するだけで似顔絵を描いてくれるサービスがあるので、候補のひとつに入れてみてください。

洋服の場合は、明るい色で若々しいイメージのものをチョイスしよう

洋服

もうひとつ、女性に喜ばれるプレゼントには洋服というのがあります。

洋服を選ぶ際に気をつけなければならないのが、あまり年寄りっぽいデザインや色を選んではいけないということです。

多少派手に思われても、明るい色の洋服を選んでみてはいかがでしょうか。

気に入ってもらえるかどうか心配だという場合は、一緒に買い物に連れて行くというのも悪いことではありません。

その際でも無理強いしない程度に、是非若々しく明るい色の洋服を勧めてあげてください。

この方法はサプライズにはなりませんが、本人が気に入ったものを贈ることができます。

また帰りにレストランに寄ってそこでお祝いをするというプランに繋げることも可能となります。

まとめ

どんなギフトを贈るにしても、大切なのは相手に「もっと長生きしてくださいね。」というメッセ-ジが伝わることではないでしょうか。

贈る側のそういった気持ちが伝わることが、もらう側にとっては何よりも嬉しいことに違いありません。

それは何にしようか、あれはどうかと迷っている時間というのは、

相手のことを心から思っている時間に他ならないということが、きちんと伝わっているということでもあるからです。

関連記事→男女別!喜寿祝いに向けて知っておきたい選び方とおすすめプレゼント10選