還暦のプレゼントする時のおすすめのハンカチ柄

還暦に贈るものと聞くと、赤いちゃんちゃんこが連想されたりもしますが、あまり実用的とは言えません。

今の日本の平均寿命を考えれば、六十歳はまだまだ若い年齢と言えますし、せっかくプレゼントするなら、使う機会の多い物を渡したいものです。

そこでおすすめしたいのが、ハンカチ。ハンカチならば、何枚あっても困るものではありませんし、失礼にならず気軽に渡せるプレゼントと言えます。

長寿祝いには満六十歳の還暦から数え百歳の百寿まで八つあり、家によっては親戚や身内を集めての食事会や旅行など、大掛かりなお祝いをすることもありますが、入り口にあたる還暦祝いであまり大仰な祝い方をすることを好まない方も多いはず。

還暦祝いの贈り物に赤いハンカチ

そういった方向けとしても、ハンカチは良い贈り物です。還暦でハンカチを贈るのであれば、色は赤をおすすめします。

これは何故かというと、長寿のお祝いは、百寿を除いた七つにそれぞれお祝いの色というのがあり、還暦の場合には赤色がそれにあたるからです。

柄のおすすめとしては、これに名前や「60」と年齢の刺繍を入れてもらったりするのが良いでしょう。

勿論、赤のハンカチでなければならないということはありません。和小物を扱うお店などでは、リネンでできた趣あるハンカチもあります。

これに年齢と花刺繍を入れたものなどもあり、派手な色は苦手という方にはこういった品を選ぶのも素敵です。

ブランドハンカチもおすすめ

また、もし贈る相手の好みがわかっていて、好きなブランドなどを知っている場合は、そのブランドのハンカチを贈るというのも一つです。

そこでは柄はシンプルにチェックなどでも良いですし、相手の好みを念頭に置いて選ぶのも良いでしょう。

イニシャルの刺繍などが可能であればそれも入れてみると、更に特別感が加わります。六十歳とはいえ、人生の節目にあたるお祝いです。

せっかくですから、ハンカチという普段使いのものでも、少しだけ心を加えて、控えめでも特別なプレゼントになるよう吟味しましょう。

 

出典:還暦のお祝い屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です