母の傘寿のお祝いにプリザーブドフラワーはいかがですか

家族

日々過ごし、大人になり家庭を築き幸せな生活を送ることは大切です。

子供の頃は親にいろいろと世話をやかれたり、迷惑をかけてしまったりとふと、大人になってから思い出すこともあるでしょう。

子供から大人になるまではいろいろな出来事があります。

親とも意見があわずにケンカしてしまったりすることもあります。

ですが、親も子供を育てるためにいろいろな思いから教育し育ててくれているのも事実です。

自身がそれだけ成長し大人になったということは親もそれだけ歳をとったということです。

高齢になることで足腰も弱くなり、状況によっては親のサポートをする、一緒に暮らすなども視野に入れておく必要もあります。

親の年齢によっては長寿を祝う歳になっているいるなら、今までの感謝を込めて祝いの席を準備してみるのもいいでしょう。

長寿祝いについて

赤ちゃんからお婆ちゃん

長寿のお祝いで有名なのは還暦です。

数え年で61歳を迎えた人が対象となるため、その年齢になった親をお祝いしてあげた方もいるでしょう。

また、さらに親が高齢になり80歳を迎えた時には傘寿といい長寿をお祝いする日本における伝統行事の一つです。

還暦や傘寿以外にも70歳では古希、77歳では喜寿もあります。

傘寿のお祝いをする歳は数え年でみて80歳の年に行うことになります。

数え年は誕生日ではなく元日を基準にカウントする点や生まれた年から1歳として数える点など把握しておくことも大切です。

傘寿の基本カラー

紫 花

傘寿のお祝いでは紫色のちゃんちゃんこや座布団を用意するのが基本です。

昔から高貴、気品などをあらわす色として用いられる色であるため、敬意や尊敬を示す意味で傘寿のお祝い、その他にも古希や喜寿などでも用いられる色です。

傘寿のプレゼントについて

母親を祝うということで祝いの席を設けるのはいいことです。

また、プレゼントを準備するというのも大切なことです。せっかくの祝いの席です。母親本人が喜ぶプレゼントを準備しましょう。

80歳の年齢で喜んでもらえるプレゼントをみつけることは、なかなかやさしいことではありません。

ですが、昨今は様々な長寿のお祝いにふさわしい様々な商品が販売されています。

最近は湯飲みや似顔絵入りのポエムや時計など日常生活で使えるものや記念に残るようなプレゼントをする方も多い傾向があります。

孫からも記念のプレゼントを

孫 お母さん お婆ちゃん

また、親が80歳ということは子供が大人としていい年齢になっている時期でもあり、孫が生まれ成長している時期です。

孫から記念のプレゼントをするというのも喜ぶプレゼントの1つといえるでしょう。

映像

また、近年では動画などを作成して映像言葉音などうまく演出してみることで祝うというのも1つの方法です。

プリザーブドフラワー

ブリザーブドフラワー

このようにいろいろとお祝いをするためのギフトを用意することもできますが、その他にもプリザーブドフラワーを贈るというのもいいでしょう。

プリザーブドフラワーはある程度の期間水なしの状態でもみずみずしさを保つことができます。

そのため、ギフトとしてさまざまな場面で利用できる点はメリットの一つです。

忙しい方には向かない

また、造花では味気ない、生花だと贈られた側も喜ぶ可能性は高くてもしっかりと水やりなどきちんと世話ができるかどうかによって、かえって大変な思いをさせてしまう可能性もあります。

喜んでもらうために贈った物がそのせいで相手が困ってしまうのはできればさけたいところです。

贈る相手が忙しくなく生活に余裕がある、花を育てるだけの時間がある場合には生花は有効ですが、そうでない場合には違うギフトを選ぶということも大切です。

傘寿のお祝いにお花を贈りたいという場合でも、親の年齢から時間的余裕はあっても高齢という点から、足腰が弱っている可能性もあり、満足に花の世話をできるかという点がポイントです。

この点からプリザーブドフラワーをギフトで贈るというのはメリットがあります。

長く楽しめる

カレンダー

基本的に世話をする必要がなくきれいな状態を楽しめる期間も比較的長いためギフトとしてはベストだといえます。

プリザーブドフラワーは2年から3年程度は楽しめるといわれていますが、一般的な家庭状況だと1年程度が目安とおきましょう。

花言葉で気持ちを伝える

また、花には花言葉というものがあります。

言葉に表さなくても相手に気持ちを伝えることができるため、感謝が伝わる花言葉をもつプリザーブドフラワーなどを母親にギフトでプレゼントしてみるというのもいいでしょう。

言葉を伝える、メッセージカードなど普段言えない、想っていても直接伝えてこなかった気持ちを伝えるということも大切です。

それを花言葉を通じて伝えるというのも一つの方法です。

まとめ

ハート

祝いの席ではプレゼントというのも大切ですが、一番重要なのは記念となるいい思い出となる日にすることです。

母親が家族に囲まれて幸せを実感できるように祝ってあげましょう。

子供、孫に囲まれて祝われるということはとても大切です。

母親がさまざまな思いで人生を歩み子供を育て、その子供が立派に成長しその感謝を示してくれるというのは、とてもうれしいものです。

母親だけでなく子供や孫、家族全体が幸せな日となるように過ごすようにしましょう。

 

参考記事→傘寿祝いのプレゼントはどんな基準で選べばよいか