会社の上司の退職祝いに複数名でお金を出し合って贈りたいプレゼント5選

プレゼント

上司への退職祝いのプレゼントは、喜んでもらえるものであること、そしてそれと同時、失礼にはあたらないものを贈ることが大切です。

金額は重要ではありませんが、少なくとも上司、すなわち自分より目上の人、しかもお世話になった人に対して贈るものです。

なので、やっぱりそれなりに金額はかけるのが相応だと考えられます。

複数名でお金を出し合いプレゼントを購入することには、そこにかけられる金額を多くできる。

そしてそのことでプレゼントの選択肢が広がると言ったメリットがあります。

ではこのような場合にはどんなものを贈りたいかを見ていきます。

旅行券・宿泊券

飛行機

まずは旅行券や宿泊券です。

旅行や宿泊プランをそのまま贈っても良いですが、その場合だと相手方の都合を事前に把握しておく必要があります。

また行先などによっては、実は相手が何度も行ったことがあると言うことも考えられます。

それであれば日程も行先も相手が自由に決めることができる旅行券や宿泊券を贈った方が良いと言う具合です。

仕事に忙しい時はゆっくり時間をかけて旅行すると言うのも難しいことです。

なので退職後、まずはいちばんに時間をかけて旅行を楽しんでほしいと言う気持ちを贈ることができます。

複数人でお金を出し合えば結構な金額の旅行券、宿泊券を贈ることができるので、相手もきっと喜ばれるはずです。

花束

それからふたつめのおすすめはお花です。

お花は贈り物の定番として、広く知られている存在です。

ですからたとえお花に興味がない人でも、贈られた人はそこに込められた気持ちを受け取ることができます。

よって、ある意味では定番であるからこそ安心できる贈り物だと言うこともできます。

女性の上司であれば、その方が好きなお花などをリサーチしておいて花束として贈っても良いですし、男性の方でも豪華な花束であれば十分な迫力があります。

ただし電車で通勤されている方の場合、持ち帰るのに苦労するようなことになってしまってはいけないので、その場合は宅配サービスなどを利用すると安心です。

また持ち帰った後、お花の手入れに手間をかけたくないと言う場合には、プリザーブドフラワーがおすすめです。

これであれば水やりなどの手間は不要で、それでいて花としての美しさは長続きするので安心です。

あるいはボックスアレンジと呼ばれるような、重箱のようなものの中に花がびっしりと詰められたものもおすすめです。

これであれば花束に比べると持ち運びがしやすいですし、持ち帰った後の手入れなどもそれほどはかからないためです。

お酒

日本酒

続いてのおすすめの品物はお酒です。

勿論、お酒が飲めないと言う上司の場合は避けるべきです。

でもよく一緒に飲んだ思い出があると言う上司や、お酒好きを公言されている方であれば、これはうってつけのプレゼントです。

この場合、その辺のスーパーや酒屋で販売されているお酒を贈ると言うのは避けたいところです。

せっかくの機会でかつお金もかけられるわけですから、やはりちょっと入手するのが難しいようなお酒や、全国の銘酒などを贈るのが素敵です。

インターネットを利用すれば意外と簡単に取り寄せられることも多いですが、時間がかかると言うことも少なくはありません。

ですから退職されると言う情報を得てからすぐに情報を調べるようにすると安心です。

お酒と言っても日本酒のみならず、ビール、ウイスキー、焼酎と様々な種類があり、選択肢が幅広いと言うのも魅力的です。

食べ物

牛肉

そしてお酒同様、口に入れるものとしておすすめなのが食べ物です。

たとえば有名な国産牛の詰め合わせや、日本全国の有名なお米と言ったものが近年では人気を集めています。

有名パティシエ監修のスイーツなどは、女性の方には特に喜ばれるかもしれません。

こちらもお酒同様、個人の好き嫌いが大きく関わってきます。

ただしだからこそ、食べるのが好きな方、特定の食べ物が好きな方にとってはとても嬉しいプレゼントになります。

ですので、こうしたことに思い当たる節がある場合は是非、贈ってみると良いです。

ただしこちらも持ち運びには気を使うことが考えられるので、衛生面のことを考えても、やはり宅配サービスを利用するのが最適です。

その場合は確実に相手に受け取ってもらえるよう、配送日時にも気を付けておきたいところです。

日用品

タオル

そして最後の5つ目は、日用品です。

日用品と言っても、たとえばハンカチは手切れを連想させるため、あるいは櫛は折れることを連想させるため避けるべきだと言われています。

しかし一方でタオルであればいくつあっても困ることはなく、特に今治タオルなどは高級品として広く知られているので、贈り物には最適だと言えます。

桐箱入りのものだとお値段もはるので、皆でお金を出し合って贈るにはうってつけです。

あるいは入浴グッズとして入浴剤などもおすすめです。

ちょっとこだわりがありそうな方にはバスソルトを、そうでない方には全国の名湯をイメージした入浴剤の詰め合わせなどを贈ると喜ばれます。

以上5選も含めて、直前になって慌てないよう早めに準備を始めておくのが安心です。

両親への退職祝いに選ばれる人気プレゼント

旅行

旅行

退職祝いには様々な選択肢を持つことができます。

そんな中でも特に人気のあるプレゼントとして、ひとつに旅行に連れて行ってあげることです。

仕事をしていると、なかなかまとまった時間を作ることができませんので、旅行へ行きたいと思っていても実行できずじまいということも少なくありません。

ゆっくりと時間が持てるようになったところで、旅行へ行きたいと考えているケースも多いです。

これから両親たちで自由に旅行へ行くことを計画していることもあります。

敢えて子供がプレゼントをする必要もないと感じるかもしれませんが、そこは切り離して考えることも必要と言えます。

子供からの感謝の気持ちを表すという意味や、退職祝いも兼ねて旅先で一家揃って楽しむのも良いのではないでしょうか。

なお、旅行を計画する場合、二人の希望を考慮した場所へ連れて行くと喜びも倍増するはずです。

したがってどんな場所へ行きたいと考えているのか、リサーチしておくと良いでしょう。

ちなみに、移動で負担が増してしまうと、却って疲れさせてしまうこともあります。

子供が移動をメインで行うなり、公共機関を利用するのならしっかりと手配をしておくなりの心掛けも持ちたいところと言えます。

趣味にまつわる・役立つプレゼント

ゴルフ

退職後の時間を有意義に使ってもらうために、趣味に関係する物をプレゼントするのもひとつのアイデアです。

自由な時間を謳歌するには、趣味を大切にするのもポイントです。

今まで存分に時間を掛けられなかった分、退職後は思い切り楽しみたいという人もいるでしょう。

そこでピッタリなのが趣味に役立つ物のプレゼントです。

子供から存分に退職後を楽しんで欲しいという気持ちが伝わると共に、これからの時間を有意義に過ごしてもらうために役立ててもらえます。

ただ熱心な趣味の持ち主ですと、道具などにも人一倍の拘りを持っていることがあります。

贈った物がイマイチだったと感じさせないためにも、しっかりとリサーチしておくのがおすすめです。

特別な食事

えび 刺身

普段はなかなか行かないような、高級なレストランや料亭などを手配するのも良いかもしれません。

旅行や趣味などは好みに大きく左右される部分もありますので、チョイスに迷ってしまいやすいですが、食に関しては大きく外れることが少ないはずです。

雰囲気や料理の味、サービスなどの評判が良いところを見付けて連れて行ってあげることで、美味しい食事に舌鼓を打ちながら家族揃って楽しめます。

個室が用意されているところを選べばゆっくり楽しめつつ、退職祝いの場としても最適です。

オリジナルアイテム

オリジナルアイテム

退職祝いと言えば感謝の気持ちを伝えるタイミングでもあるため、気持ちを込めたプレゼントをチョイスするのもおすすめです。

そして気持ちを伝えるためのチョイスとして、オリジナルアイテムを検討してみるのも良いかもしれません。

オリジナル品ですと世界にひとつしかなく、拘りを感じさせることができるはずです。

既製品で見繕って贈るのも良いのですが、差別化を狙ってみるのも良いでしょう。

ただ、オリジナルアイテムというのは様々な物が登場していますので選択に迷うところです。

そんな中でも注目されている品としては、写真をもとに作成するフィギュアが挙げられます。

例えばスーツを着た父親のフィギュアを作ることで、これまでの仕事における頑張りをカタチとして残すことができます。

また、過去の思い出をカタチづくることができるため、仕事に勤しんできた自分に想いを馳せることができるでしょう。

もちろん退職後は仕事のことを忘れて楽しんで欲しいという時には、もっと別のデザインで作ることもできます。

アイデア次第でいくらでもプランを練れますので、どんなデザインが良いのか考えてみると良いでしょう。

カタログギフト

退職祝いのプレゼントは贈る側としても喜んでもらえた方が嬉しいものですので、紹介してきたような内容で検討してみるのも良いかもしれません。

しかしながら、どんな物ならば喜んでくれるのか、答えを見付けるのは意外と難しく感じるものです。

特に退職祝いという特別なタイミングですと余計に頭を悩ませてしまいやすいはずです。

そのような場合、両親に選んでもらうという選択肢もひとつのアイデアです。

そこでおすすめなのがギフトカタログで、複数の選択肢の中から希望に応じて選び出すことができます。

ただし一般のギフトカタログではあまり面白味がありません。

風変りなカタログとして、体験型ギフトカタログという物も登場しています。

これは体験できる様々なイベントが集約されたものであり、ただの物を贈る時とは違ったカタチで喜びを提供できます。

例えばクルージングやレストラン、スパなどのイベントが用意されていますので、体験そのものを通して充実の時間を過ごしてもらうことができるのです。

両親に選んでもらうことができるため失敗が少なく、また、選ぶ楽しさも感じてもらえます。

物とは違い、体験は一生モノのため、記憶に残る贈り物をすることができるはずです。

お勧めの記事→両親の退職日に驚きのサプライズ