女性が貰って嬉しい喜寿の贈り物とは

ギフト

喜寿というのは77歳まで長生きをした長寿のお祝いのひとつです。

賀寿と呼ばれる長寿の祝には、60歳の還暦から始まりますが、

今や平均寿命が87歳を超える時代となり、喜寿ではまだ元気な女性がたくさんいる世の中となりました。

喜寿祝いに旅行券をプレゼントする人が増えている

航空券

そんな喜寿のお祝いに喜ばれるプレゼントで人気が高いのが旅行券です。

この年代の人は、まだ元気とはいっても体調が優れないこともあるかもしれません。

ですから、宿を予約してしまっては急なキャンセルに対応しきれない恐れがあります。

それにせっかく予約してもらった旅館をキャンセルするのは申し訳ないと、無理をして旅行に行き、体調を更に崩してしまうことだって考えられます。

その点、旅行券ならば自分の都合に合わせて使ってもらえます。

しかも、目的地が決まっているという訳ではないので自分が好きな場所を選べるというところも喜ばれる大きなポイントとなります。

メッセ-ジ入りフォトフレームも定番ギフトの一つ

メッセージ入りフォトフレーム

形として残るものをプレゼントしたいという希望があるならば、メッセ-ジ入りのフォトフレームをいうのも喜寿の女性が貰って嬉しい贈り物のひとつです。

特に遠くに住む息子や娘夫婦、孫も一緒に写った家族の写真は格別なものがあるのではないでしょうか。

特に遠方に住んでいるのならば、子供や孫に会う機会すら年に数回という場合もあります。

そんな時に、子供や孫のメッセ-ジ入りのフォトフレ-ムを貰ったら、一気に距離間が近づいて寂しい気持ちも吹き飛んでしまうことでしょう。

花を贈る場合は種類や色の組み合わせに注意しよう

花束

いくつになっても女性にとって貰って嬉しいプレゼントのひとつに花があります。

華やかな胡蝶蘭やバラも良いですが、敢えて喜寿の色である紫をモチ-フとした花を贈るという方法もあります。

しかし、ここで気をつけて欲しいのは、色の組み合わせです。

紫は高貴な色ですが、白と組み合わせるとお葬式を連想した色の組み合わせになってしまいます。

これでは大変縁起が悪いうえ、お祝いの席にはまるで相応しくありません。

従って紫の花に添えるのならば、明るくて華やかな色を選ぶようにしてください。

また、いくら明るい色でも仏花でもある菊等は避けた方が良いでしょう。

一般的に人に花を贈る場合は鉢植えの花は避けた方が良いと言われていますが、喜寿を迎える女性の間では実は鉢植えの花は人気があります。

その理由は自分で水をやって、育てていく楽しみがあるからです。

植木の花の種類を選ぶ際には、椿等の首からポトリと落ちてしまう花は不吉だと言われています。

なので避けた方が無難かもしれませんが、花が好きな人の中には、そういったことは全く気にならないという人もいます。

まずはさりげなくどういった花が好みなのかということを事前調査することをお勧めします。

切り花を贈るという際に、お花は綺麗だし貰ったら嬉しいけれど数日したら枯れてしまうのが、残念だという人もいます。

ブリザードフラワ-ならば手入れの必要がない

そんな人はブリザードフラワ-を選ぶという方法もあるので、覚えておいてください。

贈られる方の人の中にも花は大好きだけれど、年々体力的に手入れをするのが難儀になってきているという人もいます。

その点ブリザ-ドフラワ-ならば水をあげたり害虫の心配をする必要がありません。

大事にすれば10年ぐらい楽しめるものもあるので、是非検討してみてください。

オリジナリティーを演出したい方におすすめのギフト

額入りの似顔絵

ユニ-クなギフトを考えたいというのなら、額入りの似顔絵というのも良いアイデアです。

写真ならば撮る機会は度々ありますが、似顔絵というのはなかなか書いてもらう機会が少ないものです。

この似顔絵バージョンにはメッセ-ジ付きの額に入れるタイプのものをはじめとして、時計になっているタイプのものもあります。

また、インパクトがあるものを希望するのならば、ガラスケ-スに入ったフィギュアにしてリビングに飾るという方法もあります。

似顔絵を使ったギフトはユ-モアたっぷりの女性の間では人気の一品です。

写真を送付するだけで似顔絵を描いてくれるサービスがあるので、候補のひとつに入れてみてください。

洋服の場合は、明るい色で若々しいイメージのものをチョイスしよう

洋服

もうひとつ、女性に喜ばれるプレゼントには洋服というのがあります。

洋服を選ぶ際に気をつけなければならないのが、あまり年寄りっぽいデザインや色を選んではいけないということです。

多少派手に思われても、明るい色の洋服を選んでみてはいかがでしょうか。

気に入ってもらえるかどうか心配だという場合は、一緒に買い物に連れて行くというのも悪いことではありません。

その際でも無理強いしない程度に、是非若々しく明るい色の洋服を勧めてあげてください。

この方法はサプライズにはなりませんが、本人が気に入ったものを贈ることができます。

また帰りにレストランに寄ってそこでお祝いをするというプランに繋げることも可能となります。

まとめ

どんなギフトを贈るにしても、大切なのは相手に「もっと長生きしてくださいね。」というメッセ-ジが伝わることではないでしょうか。

贈る側のそういった気持ちが伝わることが、もらう側にとっては何よりも嬉しいことに違いありません。

それは何にしようか、あれはどうかと迷っている時間というのは、

相手のことを心から思っている時間に他ならないということが、きちんと伝わっているということでもあるからです。

関連記事→男女別!喜寿祝いに向けて知っておきたい選び方とおすすめプレゼント10選

77歳のプレゼントで喜ばれるセンスの良いお菓子5選

日本では昔から年齢の節目にお祝いをする習慣があり、還暦60歳・古希70歳・喜寿77歳・米寿88歳は長寿を祝う行事とされています。

長い人生を生き抜いてきた人生の先輩のおじいちゃんやおばあちゃんに感謝の気持ちを込めて、家族みんなでお祝いしてあげたいですね。

長寿のお祝いの中で、喜寿のお祝いにプレゼントしてあげたいお菓子を5選集めてみました。

喜寿は数えで77歳になるとお祝いをします。

料理やお花・お孫さんやひ孫さんからの絵やメッセージなど、どれも素敵なプレゼントですが甘い物が大好きなおじいちゃんやおばあちゃんならお菓子の贈り物もきっと喜んでくれるのではないでしょうか。

ホールのケーキ・長寿まんじゅう・カステラ

お祝いと言えばまっ先に浮かぶのがやはりホールのケーキではないでしょうか。みんなが集まる席にホールケーキが登場すると、盛り上がること間違いなしです。

ケーキ屋さんの中には、写真をケーキにしたり、似顔絵やメッセージを入れてくれるお店もあり、サプライズで利用するとおしゃれな贈り物に喜んでくれるのではないでしょうか。

大手ネットショップでお菓子を扱っているお店では、長寿用のお菓子を用意しているお店もあり、紅白の可愛い長寿まんじゅうや祝喜寿と名前が書かれたカステラ・ケーキで出来ている感謝状など特別なスイーツを注文することが可能です。

どら焼き・きんつば・ようかん

年齢を重ねると洋菓子よりも和菓子を好むおじいちゃんおばあちゃんも多いのではないでしょうか。

少し奮発して老舗のどら焼きやきんつば・ようかんなどを贈ってあげるのもおすすめです。老舗のお店ならではの高級感あふれる和菓子に笑顔いっぱいになるのではないでしょうか。

バウムクーヘン

和菓子が苦手なおじいちゃんやおばあちゃんには、バウムクーヘンがおすすめです。日本ではバウムクーヘンはおめでたい贈答品としてよく使われます。

しっとりとしていて甘さもほど良く、やわらかいので年配の方にも食べやすく好まれるスイーツです。バウムクーヘンは丸い棒に生地を何度もかけなから回して焼いて行きます。

生地をかけるたびにだんだん太くなってがっしりとした木のような形になっていく工程が、長い人生を重ねてきた様子と重なるため、長寿のお祝いのお菓子としてぴったりなんです。

あんぽ柿

和歌山県には、種なし柿を使用したあんぽ柿があります。

柿の自然な甘さが広がるあんぽ柿は上品な味わいで、まさに果物で出来たスイーツで、商品名も長寿柿という名前なので長寿のお祝いにぴったりです。

ユニークなものから、高級感あふれるお菓子まで喜寿のお祝いにぴったりのお菓子は色々揃っています。おじいちゃんおばあちゃんの好みに合わせて選んであげるといいですね。

遠方に住んでいて直接お祝いに参加出来ない場合は、ネットを利用してお菓子を贈ってあげるのがとても便利です。

自宅にいながら商品を選べ、熨斗やラッピングも無料でお願い出来ます。メッセージカードのサービスを行っているお店もあり、感謝の気持ちを届けられます。

写真入りや名前入りなど特別なスイーツを注文する場合は、時間もかかるため日数に余裕を持って注文することが大切です。

参考記事→喜寿祝いのプレゼントで喜ばれるおしゃれなお菓子5選

上司の77歳のお祝いに贈りたいプレゼント5選

喜寿とは77歳を指し、「喜」の字を漢字の草書体で表すと上が「七」下が「十七」で「七十七」となります。そういう言われで、77歳のお祝いになったようです。

長寿のお祝いとして、身内で食事会などを開いてお祝いをするというのが一般的です。

親族ならその人の趣味や好みも分かりますが、相手が上司の場合、プレゼント選びには頭を悩ませます。

ですが多くの企業は60歳、65歳で定年となり、一緒に仕事をすることもほとんどありません。次第に疎遠になってしまい、顔を合わせることも無くなる筈です。

それでも中にはお世話になった上司への感謝の気持ちで、節目節目にプレゼントをする人もいるでしょう。

喜寿も長寿の領域に入っている訳ですから、その人に相応しい物を送りたいものです。

定番はお花(プリザーブドフラワー)

そこで真っ先に考えられるのは、華やかで美しいお花です。お花と言っても、花束に鉢植え、ブリザーブドフラワーなど様々な種類があります。

昔は生花の花束が定番でしたが、今は胡蝶蘭や観葉植物などの鉢物や何時までも枯れずに美しいブリザーブドフラワーが主流です。

寄せ書き

次にお祝いとして喜ばれるのが寄せ書きです。寄せ書きによって近況報告も出来ますし、上司にとっても部下の動向は気になるものですから、喜ばれる事間違いなしでしょう。

寄せ書きなら高額な品ではないので、上司が気を遣うということも余りありません。金額ではなく、お世話になったという気持ちを込めて書くことが大事です。

夫婦茶碗などの陶器

又奥様がご健在なら、夫婦茶碗などの陶器も良いかもしれません。コーヒー好きの方には、ペアのカップも案外喜ばれる品となっています。

最近は77歳といってもまだまだ元気なので、趣味や習い事を頑張っている人も少なくないです。

そういう人には、少し事前のリサーチが必要ですが、趣味などに役立つものが良いでしょう。

服飾小物

活動的な人は、身なりもきちんとしているおしゃれな人が多いです。鞄や財布といった持ち物にも気配りをする筈ですから、服飾小物類も候補に上げられます。

ギフトカード・旅行券・カタログギフト

そしてちょっと味気ないという人もいますが、やはりギフトカードは外せないでしょう。自分好みの物が買えますし、旅行券なら旅行を楽しむことができます。

最近ではカタログギフトというのも人気で、プレゼントとして選ぶ人が増えています。

このように、花、寄せ書き、陶器、服飾小物、ギフト券と5点選びましたが、これら以外にも適したプレゼントは色々あります。

上司の事を思い浮かべながら、慎重に選ぶのが大切です。プレゼントというのは、どんなに知恵を絞っても、完璧に喜んで貰える物は難しいです。

人其々考え方が違うのですから仕方がないことですが、プレゼントを渡す時に、感謝の気持ちを込めた言葉を添えることが大事かもしれません。

メールやラインの世の中であっても、言葉を発することでコミニュケーションがスムーズになるように思われます。

「こんにちは!」や「有難う!」という挨拶は、優しい気持ちにさせてくれます。

参考記事→上司の喜寿祝いに送りたいプレゼント5選

母親の喜寿のプレゼントにおすすめの5選

喜寿は数え年で77歳のお祝いになります。数えで77歳といえば、昔は長寿でお祝いをしたものですが、最近の日本の女性の平均寿命は80歳を過ぎています。

まだまだ足腰も丈夫で趣味を楽しみ、自分で身の回りのことをしたり、パートタイムで働いている方も珍しくありません。

現役で頑張っている方も少なくありませんので、あまりお年寄り扱いをすると気を悪くするのではとお祝いを控える方もいますが、家族やご友人に祝ってもらう機会はそうあるものではありません。

大人になると自分の子供や孫のためにお祝いをしてきたのですから、これまでの感謝を込めてプレゼントをすることをおすすめします。

旅行

母が喜ぶプレゼントとして、元気であれば、旅行が良いでしょう。行ってみたかった場所に行くのに又とない機会です。

自分一人だけでは旅行に行きにくいものですが、家族旅行であれば子供や孫がサポートしてくれるので安心して旅行に行けるという方も少なくありません。

海外旅行も現在では価格も押されられていますので、楽しい思い出を作りに家族や親族みんなで出かけるのも良いものです。

商品券

しかし、社会人の家族はなかなかみんなの休みが合わない場合もあるものです。そのような場合は商品券という選択肢もあります。

現金をプレゼントするのは味気がないものですが、普段お買い物をする百貨店の商品券などであれば利用価値が高く、自分が本当に好きなものを心置きなく購入することが出来ます。

実用的なもの

遠方にいるためなかなか実家に帰ることが出来ないという方は、実用的なプレゼントを送るのも良いでしょう。

毎日使う物としては、パジャマやエプロンなどの身の回りの物もおすすめです。

母の普段の趣味などを良く知っているようであれば、趣味に合う毎日使う物を送ると喜ばれるでしょう。

もしお孫さんがいらっしゃるのであれば、一緒に選ぶのも良い選択です。

送る際にはお孫さんのメッセージや絵なども添えるとより喜ばれます。家族みんなでお祝いをしていることが伝わります。

お花もプレゼントとしては最適です。

母が好きなお花を選んで送るのも良いですが、手入れが面倒だという方には最近はブリザードフラワーもおすすめです。

手入れが不要な上に、長い間美しい状態を保ってくれます。

ブリザードフラワーは名入れをしてくれるサービスもありますので記念に名入れをしてもらうと世界で一つの贈り物になります。

お酒

もし父、母ともにお酒を楽しまれるようでしたら、ワインや日本酒などお好きなお酒をプレゼントするのも良いでしょう。

喜寿の年齢になっても食事の際にワインを楽しまれる方も少なくありません。

ワインや日本酒でも、名入れをしてくれるサービスがありますので、名入れをしてもらうと喜んでもらえることでしょう。

その他にも、お二人の結婚記念日や、家族の思い出の日のワインなどを用意すれば、思い出深い喜寿のお祝いになることでしょう。

思い出のお酒と一緒に家族みんなで食事をするというのも忘れられない一日になります。

参考記事:母親の喜寿祝いにピッタリなプレゼント5選

両親の喜寿のお祝いにピッタリなプレゼントとは?

喜寿は、77歳の長寿を迎えた方をお祝いするとても大切な記念日となっています。

大切な記念日にこれまで育ててくれた両親に感謝の気持ちとこれからも長く健康で暮らしてもらいたいという願いを込めてプレゼントを贈る方が多いです。

両親の喜寿祝いプレゼント、おすすめは「お花」

ありがとうの感謝の気持ちを伝えるプレゼントとしてやはり花が一番ピッタリなプレゼントとなっています。

しかし、生花を贈ると全く花のお世話をした事が無い人の場合、貰ってからが手間が掛かり大変です。

生花の手入れは毎日必要で枯れないように水をあげたり、肥料をあげたり時には鉢の入れ替えなども行う必要があります。花が初心者の方にとっては大変な労力が必要です。

手入れ不要、長く美しさを保てるプリザーブドフラワーが一押し

同じ花でもプリザーブドフラワーですと枯れる心配が無く型崩れもせず長く綺麗な状態で飾っておく事が出来ます。

プリザーブドフラワーは、元は生花で特殊な処理を行った造花です。生花に無い色合いや風合いを出す事が出来、喜寿や還暦など様々な記念日にギフトとして贈られています。

花のお世話をした経験が無い人も水や肥料をあげる必要が無いため気軽に室内に置いておく事が可能です。日光に当てておく必要も無いため置いておく場所も暗所でも問題ありません。

ギフトを貰った両親がその後、手入れをせずに美しい花を鑑賞出来るプリザーブドフラワーは、喜寿のお祝いにはピッタリです。

プリザーブドフラワーは、豊富なカラーの花があるためフラワーアレンジメントで組み合わせる事で更に綺麗な花束を作る事が出来ます。

プリザーブドフラワーは5年ほど保つため生花と比べると圧倒的に寿命が長いのもメリットの一つです。

花瓶も必要が無く好きな器に入れる事が出来るため器も綺麗な物を選べます。

プリザーブドフラワーは、生花から作られており薔薇やダリア、ローズといった花の種類が豊富です。

好きな花を組み合わせて花飾りにしたり、花束にして贈る事も出来ます。プレゼントのバリエーションが豊富な点もプリザーブドフラワーの大きな魅力です。

プリザーブドフラワーは、インターネットで簡単に購入できる

プレゼントを購入する場合、実店舗でプリザーブドフラワーを置かれている所が少ないですが、インターネット店舗で購入出来ます。

生花とは異なり枯れる心配が無いためネット店舗で購入し易いです。

ネット店舗で販売されているプリザーブドフラワーは、ラインナップも非常に多くメッセージカードやラッピングサービスも対応して頂けます。

直接配送をするサービスなども行われているためプレゼントを贈る場合には便利です。

以上、プリザーブドフラワーは喜寿をお祝いするギフトにはピッタリで贈る両親にも喜んで貰えます。

花そのものの色を活かしたり、生花では表現出来ない色合いが非常に美しいです。

フォトフレームや鏡といったアイテムにプリザーブドフラワーをアレンジメントして飾りとして使う事も出来ます。

日頃の感謝の気持ちを込めて両親にギフトを贈りたいと考えている方は、プリザーブドフラワーを使ったギフトが最適です。

 

参考記事→両親への喜寿祝いの人気プレゼント

喜寿のお祝い用プレゼントの選び方|男性編

喜寿のお祝いは、77歳を迎えた長女のお祝いで様々なプレゼントを贈る方がいます。

喜寿祝いのプレゼント、人気は似顔絵

喜寿のお祝いで男性に贈るプレゼントの選び方ですが、現在多く選ばれているのは似顔絵です。

おじいちゃんやおばあちゃんの似顔絵と名前が入った物を喜寿のお祝いに選ばれています。

似顔絵に感謝の気持ちを込めたメッセージなどを入れておく事で更に貰った相手が喜ぶプレゼントです。

名入り置時計もおすすめ

喜寿の記念品で名前入りの置き時計>を選ばれている方も多いです。

似顔絵と同じくメッセージを入れたオリジナルの時計をプレゼントする方が増えています。

置き時計など小物であれば室内にいつまでも飾っておく事が出来ます。時計は日常的に必ず見るため記念品には最適なアイテムです。

プリザーブドフラワーを選ぶ方も

女性に人気を集めていますが、最近は男性にも贈るギフトに選ばれているアイテムでプリザーブドフラワーがあります。

プリザーブドフラワーは、生花に特殊な処理を施しているため生花のように枯れてしまう事はありません。

保存期間も3年から5年と非常に長い間美しい状態を維持する事が出来ます。生花ですと水やりや土の入れ替え、肥料を与えたり手間が必要です。

特に男性ですと花のお世話する人は少ないためもらった後に困るケースがあります。

プリザーブドフラワーであれば、特に手入れの必要が無く室内に飾って見て楽しめる事が魅力です。

花の色も様々で男性に向いている濃い色のプリザーブドフラワーもあるため男性に贈るプレゼントとして選ばれています。

お酒が好きな方ですと焼酎をギフトに選ぶ方も多いです。

焼酎のラベルにオリジナルのメッセージなどを記載して名前を入れたオリジナルのグッズを演出出来ます。

贈る人の趣味に合わせたギフトも喜ばれる

ゴルフをする方ですとゴルフボールやクラブをプレゼントに選ばれており、ギフトを贈る人の趣味にも合わせて選ぶ事が必要です。

例えば、旅行好きな方の場合は温泉旅行や観光旅行を贈ったりされています。

趣味を持っている方であれば、趣味に合わせたギフトを選ぶと喜んでもらえる可能性が大きいです。

あまり決まった趣味がないと言う方には、プリザーブドフラワーや置き時計などの記念品を選ぶと喜んでもらえます。

ギフトにはできるだけメッセージを入れたり、メッセージカードを付けると気持ちが伝わりやすいです。

日ごろの感謝をメッセージにして伝える事で喜寿のお祝いを思い出に残る物に出来ます。

喜寿のギフト選びは、とても悩みますが日頃から相手の趣味や欲しいものをチェックしておくと選びやすいです。

どうしてもギフトが決まらない場合には、店舗に行って店員さんに相談する事も方法の一つとなっています。

店舗でよく売れている物を聞く事で自分のギフト選びの参考にする事が可能です。

インターネットなどの口コミなどもギフト選びの参考に出来ます。

以上がギフト選びのポイントとなるため贈る相手が喜んでくれるようなギフトを選ぶための参考になると良いです。

【喜寿の祝い方や人気のついて専門にまとめたサイト】
家族で祝うおばあちゃんの喜寿祝い