貰って嬉しい還暦のプレゼント(女性編)

近年ではたとえ60歳を超えていたとしても、生き生きと精力的に活躍している女性が多く見られます。

毎日仕事をこなしている上司もいれば、アクティブに過ごしている人も多いので、還暦のプレゼントを選ぶのであれば、プライベートや職場などで身につけておくことができるアイテムをプレゼントに選ぶと良いでしょう。

それまで仕事を精力的にこなしていたけれども、還暦をきっかけに退職したり第一線を退こうとしている女性がいるのであれば、新たなフィールドでの生活を楽しめるアイテムを贈るのも喜ばれます。

還暦祝いのプレゼント、避けるべきアイテムは?

プレゼントを贈る際のマナーとして、もしも目上の人に贈るのであれば、踏みつけるアイテムとなる靴や敷き物などは避けた方がよいでしょう。

老人を意識させるようなものは年寄り扱いされて不快に思うケースもあるので避けた方がよいといえます。

女性への還暦祝いギフト、選ぶポイントは?

女性の還暦祝いのプレゼントを選ぶ時に一番大切なことは、日ごろの感謝の気持ちをもって選んだり、これからも元気で過ごしてほしいという気持ちを込めて、さらにはそれが伝わるようなアイテムを選ぶことが大切です。

長寿のお祝いとなるため、普段のプレゼントよりも、やや高額なアイテムを贈ることをおすすめします。

それだけではなく手紙やメッセージカードなどを添えて贈ることで、いつまでも手元に残り、すてきな思い出となることでしょう。

近年では60歳を迎えたとしてもまだまだ若く元気な女性が多いので、あまりにも60歳をイメージさせるものや、老人を意識させるようなことのない実用的なファッションアイテムを選ぶとよいでしょう。

また品物をあげるのではなくて、家族全員が集まってお祝いの席を設ける、子供や孫などと一緒に遠方へ外出する、配偶者と一緒に旅行に行けるように旅行を贈るなど、思い出を贈る方法も喜ばれています。

一番おすすめはフラワーギフト

もらってうれしい還暦のプレゼントとして、まず第一に挙げられるのが、やはり花やフラワーギフトです。

年寄り扱いされるのがいやだと考える人でも、女性ならだれでも貰うとうれしい花束は喜ばれることでしょう。

普段のお祝いの場や誕生日でも選ばれるものであるため、上手に還暦を意味する赤色の花を取り入れることによって、贈る相手に不快感を与えることなく自然にお祝いすることができます。

赤色の中でもやはり人気があるのがバラですが、そのほかにも花言葉に感謝、あふれる喜びなどを意味するダリアも人気があります。

花束だけではなく、花時計には幸せの時を刻むという意味を持ち、ブリザードフラワーには永遠、いつまでも元気でという意味を持っているので、還暦祝いにはぴったりのアイテムと言えます。

このような花やフラワーギフトは、どのような花を組み合わせるかによっても値段が大きく変わってくるので、職場の全員でお金を出し合って大きな花束を作ってもらうのもよいでしょう。

もしも好みの花を知っているのであれば、それをメインにして花束を作ってもらうことも喜ばれます。

還暦のプレゼントする時のおすすめのハンカチ柄

還暦に贈るものと聞くと、赤いちゃんちゃんこが連想されたりもしますが、あまり実用的とは言えません。

今の日本の平均寿命を考えれば、六十歳はまだまだ若い年齢と言えますし、せっかくプレゼントするなら、使う機会の多い物を渡したいものです。

そこでおすすめしたいのが、ハンカチ。ハンカチならば、何枚あっても困るものではありませんし、失礼にならず気軽に渡せるプレゼントと言えます。

長寿祝いには満六十歳の還暦から数え百歳の百寿まで八つあり、家によっては親戚や身内を集めての食事会や旅行など、大掛かりなお祝いをすることもありますが、入り口にあたる還暦祝いであまり大仰な祝い方をすることを好まない方も多いはず。

還暦祝いの贈り物に赤いハンカチ

そういった方向けとしても、ハンカチは良い贈り物です。還暦でハンカチを贈るのであれば、色は赤をおすすめします。

これは何故かというと、長寿のお祝いは、百寿を除いた七つにそれぞれお祝いの色というのがあり、還暦の場合には赤色がそれにあたるからです。

柄のおすすめとしては、これに名前や「60」と年齢の刺繍を入れてもらったりするのが良いでしょう。

勿論、赤のハンカチでなければならないということはありません。和小物を扱うお店などでは、リネンでできた趣あるハンカチもあります。

これに年齢と花刺繍を入れたものなどもあり、派手な色は苦手という方にはこういった品を選ぶのも素敵です。

ブランドハンカチもおすすめ

また、もし贈る相手の好みがわかっていて、好きなブランドなどを知っている場合は、そのブランドのハンカチを贈るというのも一つです。

そこでは柄はシンプルにチェックなどでも良いですし、相手の好みを念頭に置いて選ぶのも良いでしょう。

イニシャルの刺繍などが可能であればそれも入れてみると、更に特別感が加わります。六十歳とはいえ、人生の節目にあたるお祝いです。

せっかくですから、ハンカチという普段使いのものでも、少しだけ心を加えて、控えめでも特別なプレゼントになるよう吟味しましょう。

 

出典:還暦のお祝い屋

地域限定お菓子を通販で購入する還暦世代

還暦世代になると、時間的なゆとりも生まれそれに加えて経済的なゆとりも生まれるために、様々な趣味や学びへの時間を費やせるようになります。

それだけ、60歳まで生きてこられた人生の節目という年齢になって初めて、いろんな意味で楽しみを広げることができるのが還暦ではないでしょうか。

還暦といっても、昔の人に比べるとずいぶんと若く見えて生き生きと暮らしている方がとても多いのが現在の日本人ですが、それだけに、興味のあることが還暦世代だからこそというのではなく、若い世代に人気を集めていることに関しても、還暦世代の方も同様に注目を集めています。

還暦世代に地域限定のお菓子が人気

特に人気を集めているのが、地域限定のお菓子の数々です。これは、各地のお土産として販売されている銘菓とは限りません。

普通にスーパーで販売されているお菓子でも、地域限定のものがあるからです。

その地域でしか購入できないというプレミア感があるので、その魅力にひかれてしまうのかもしれません。

ご当地だけでしか購入できないとなれば、それだけその商品への魅力を感じさせるのが特徴でしょう。

ネット通販の利用で楽しみ広がる

しかも、地域限定のお菓子は、その土地へ出向いて買い求めなくても、現在では気軽に通販で購入することが可能になっているので、さらに還暦世代の購入の後押しをしているのかもしれません。

特に、日本人の傾向としては、限定という言葉に弱い部分もあるので、還暦世代になるとさらに時間的、経済的なゆとりもあることも功を奏して、地域限定のお菓子を通販で購入する楽しみにひかれることも多くなってしまうのも頷けます。

また、お子さんやお孫さんにも地域限定というプレミア感のあるお菓子であれば、一緒に食べるにしても話題性もあり楽しみもより広がるのではないでしょうか。

このように、地域限定のお菓子は、若い世代に限ったものではなく還暦世代にも浸透していて、多くの方々が通販を利用して気軽に様々な人気のあるお菓子を味わうことが可能になっているのも、インターネットの恩恵ではないでしょうか。

 

出典:還暦のお祝い屋

なつかしい還暦世代の駄菓子

駄菓子というと、子供の少ないお小遣いで買うことの出来るお財布にとても優しいお菓子のことを言います。

現在では昔ながらの個人経営でおばあちゃんが切り盛りしている駄菓子屋という形態こそ形をなくしてはいるものの、ショッピングセンターなどの一角に駄菓子屋スペースが設けられていたり、お菓子売り場には昔ながらのチューインガムや、ココアシガレットなどが並んでいます。

子供にやさしい低価格のお菓子という物自体は長年受け継がれています。

還暦世代の人でいうと、60年代が駄菓子を購入していた主な年代になるのではないでしょうか。

その頃に販売開始された、または販売されていた駄菓子を紹介します。

1960年代に販売されていた懐かしい駄菓子

当たり付きが嬉しいチョコバットは1964年から販売開始されました。

パン生地にチョコレートをコーティングした食べやすく美味しい形態は現在でも大人気です。

ペンシルチョコレートやチロルチョコレートなど、子供に大人気のチョコレート菓子もこの頃販売開始されました。

この世代で販売されていた駄菓子は他にもサイコロキャラメルやココアシガレット、都こんぶなどがあれば、カステラや金平糖、米菓子などのスタンダードなお菓子があります。

どれも世代の方にはノスタルジーを感じる思い出深いお菓子でしょう。

現在でも販売されているものはたくさんあるので、現在の子供にとってなじみの深いお菓子もあります。

駄菓子は祖父母と孫の共通の話題になりえる

還暦世代だとそろそろ可愛い孫に恵まれるという方もいると思われます。

駄菓子は大人にとっては当時の思い出がよみがえるノスタルジーに溢れる思い出の品であり、子供にとっては日常的に手軽に手を出すことの出来る嬉しい低価格のお菓子です。

その存在に対しての価値観には差異があるかもしれませんが、祖父母と孫の交流のための共通の話題となってくれるでしょう。

身近なものでありながら古くから現在まで続く歴史ある駄菓子は孫と祖父母世代を繋いでくれる重要なキーワードとなり得るかもしれません。

出典:還暦のお祝い屋

還暦のお茶友のお持たせギフト

高額すぎると相手が気づかいするので、2000円から3000円くらいが一般的です。

間に合わせで調達したと思わせると失礼にあたるので、先方の近所で買うのはマナー違反です。

一人暮らしなのか同居のご家族がいらっしゃるのか、年齢層や普段よく飲んでいるお茶は、コーヒー、紅茶、緑茶のどれかなど先方のことを考えて事前に用意しましょう。

初めて購入するお菓子より、この間いただいたので、とか美味しいと評判のお菓子を見つけたので、などと自分が食べてみて、先方にぜひ召し上がってほしいと思えるお菓子を選ぶといいですね。

一人暮らしやご夫婦で暮らしている方におすすめするのは、食べきれる量のお菓子です。

生菓子の場合は人数分だけにして、お花を添えると素敵です。

花束よりも、花瓶に生ける手間なしに、そのまま玄関や食卓に置けるアレンジメントが親切です。

子供や孫と同居している方には、ホールやロールケーキ、カステラなど切り分けられる大きいお菓子を持参して、ご家族みなさんで召し上がってください、とひとこと。気の利くお持たせになります。

少しずつ、先方のペースでご家族と一緒に食べていただきたいという思いがあれば、小分けした日持ちする和洋菓子を選びます。

季節にあったお菓子を贈ると喜ばれます。

旬のフルーツを使ったり、季節限定のものなら食べていただくとき、見た目にも楽しんでいただけます。

先方が、会社の元上司や先生など、敬意を払う相手であればリボン包装や、無地熨斗をつけ、風呂敷に包んで持参すると丁寧です。

紙袋の場合は、袋から出した状態でお渡しします。

気心の知れたご近所や実家、近しい親戚の場合は、人気ベーカリーの食パンや菓子パンなどもカジュアルな贈り物にぴったりです。

還暦と言えば、満60歳。若々しい人が多く、お茶トモのお持たせは羊羹や煎餅、と和菓子にこだわる必要はありません。

あっさり低カロリーよりも、こってり高カロリーが好まれることも。先方の好みをリサーチして、還暦に縛られないお持たせ選びをしましょう。

出典:還暦のお祝い屋