ウェブキャスト

ウェブキャストとは

ウェブキャストとは、ウェブを利用して、音声配信や動画配信等の事を行うことを言います。

もしくは、そうした配信技術などを世界中のユーザーに提供していくことも指しています。

ウェブキャストの代表的な例は、YouTubeがあります。

他にもUstreamや、ニコニコ生放送、ツイキャスなどが挙げられ、昨今話題になっているeラーニングと呼ばれる、ウェブ上で受けられる教育形態でも使用されています。

企業でもウェブキャストに力を入れており、企業のホームページでは、CMや企業理念、今までの成り立ちを動画にして配信しているところが増えてきました。

長い時間かけて作られた文字情報よりも短い時間で情報量を詰め込める動画配信に注目が集まっています。

また、ポッドキャスティングと呼ばれる、iPodやMP3プレーヤーで聞ける音声メディアも、音声配信の1つとされており、主にラジオ局の番組、語学講座の授業などで用いられています。

ウェブキャストのメリット

ウェブキャストは、わずか数秒でも文字情報をはるかに凌ぐ情報を瞬時に伝えることができるため、そのあたりがウェブキャストのメリットです。

例えば、メッセージを伝えたい相手に自らが思っていることを伝える場合、手紙などでは便箋何枚かで表現せねばならず、それを読む時間や表現が曲解されるなど、正確に伝わらない可能性があります。

音声配信もウェブキャストの一種ですが、音声では手紙以上の情報量などはあるものの、正確にイメージさせるのは大変です。

その点、動画配信はすぐにイメージさせることができ、また短時間で認識することができます。

この性質を利用し、企業を始め、教育機関や公的機関までもがウェブキャストに注目しています。

YouTubeなどで専用のチャンネルを作り、世界中に伝えたいこと知らせたいことを配信する動きが多く見られています。

この動きはさらに加速すると見られ、ウェブキャストビジネスが今まで以上に加熱することは間違いありません。

ウェブキャストのデメリット

企業など行為や言動に影響力がある団体は、あらゆることを指定なしにしてしまうと失敗することになりかねません。

特にウェブキャストが収入源でない場合には、ありとあらゆることに関して指定なしの判断を下してしまうことを控えることが大事です。

団体の中でもトップがウェブキャストの準備を行うことは稀であり、たいていは末端の人物に作業遂行を命じられます。

その際に放送内容はおろか全てのことを指定なしにすると、モラルを欠いた成果物が全世界に配信されてしまいかねません。

放送の決定権までもが末端の人物に託されていたのであれば、社会通念上よろしくないものでも問題ないと判断されてしまうことがあるからです。

作業の大部分が指定なしになっているので、事前に放送の許可を出す仕組みが構築されていないからです。

指定なしにすることは作業者の考えを尊重するようにも考えられますが、団体を代表しての配信であることを自覚しなければなりません。

ウェブキャストの近年の傾向

近年では、一方通行型のウェブキャストは少なくなりつつあります。

放送中に視聴者からの文字メッセージがリアルタイムに表示される仕組みが整っているので、これを有効に活用している発信者も少なくありません。

双方向型の放送が可能になったので、利用者がマナーを守ることに徹することが大切です。

視聴者の考えが即時に公開される仕組みのウェブキャストであれば、文言の内容を指定なしにするようなことがあってはなりません。

万が一にも文言を指定なしにしていれば、人の心を傷つける言葉を繰り返し送信する事態が発生してしまうからです。

これを見て気分が良くなる人の数は皆無に等しいので、あらかじめ防止措置を講じておくことが重要です。

受け入れる文言が指定なしではなくなったとしても、抜け道を探しだす不届き者は一定数存在します。

利用者がルールを順守することによって、ウェブキャストは有益な仕組みとなります。

この事実を念頭に置き、正しく利用するように努めなければなりません。