日本での銃について

日本では銃社会のアメリカなどと異なり、銃の所持は規制されています。

しかし試験を受け銃の所持免許を取得することで、日本でも銃を使えるようになります。

日本で銃の所持免許を持つ人の多くは、猟銃を使って狩猟をするのが目的です。

散弾銃やエアーライフルなどの所持が許可されており、購入することで狩猟に使うことが可能です。

猟銃で狩猟を行うには、狩猟の免許試験にも合格しないといけません。

都道府県の知事が行っているこの試験を受験し、第一種、第二種の銃猟免許を取得して初めて銃を使った狩猟に出ることができます。

加えて狩猟者としての登録申請も求められます。これは住んでいる場所ではなく狩猟を行う場所がある都道府県にて申請します。

日本で猟銃として使われているものとしてはライフルが有名ですが、より大きな動物を狙うのであればショットガンを使うことも可能です。

射程距離が長い上威力もあることから、イノシシやクマなどの大型動物を狙う際に使われます。

銃の種類

猟銃の種類は主にライフル銃、散弾銃、空気銃の3つに分けられます。

ライフル銃はさらにボルトアクションと自動銃に分けられ、猟では連射のきく自動銃が好まれています。

しかしいずれも遠距離からの射撃に向いた種類であり、日本の狭い土地柄では使いどころが少ないといわれます。

散弾銃には上下二連、水平二連、ガス自動、慣性自動、レピーター、レバーアクション、ボルトアクションなど多くの種類があり、獲物の大きさや状況によって使い分けます。

空気銃はその名称から「エアガン」と混同されがちですが、全く異なる立派な猟銃です。

鹿のような大型の獲物を狙うのにも充分な威力があり、猟のベテランのかたにも愛されています。

種類はポンプ式、ガス式、スプリング式などです。先に述べた2つの猟銃と比べ、待ち伏せして近距離から狙うのに向いています。

火薬を用いないため法的規制が比較的ゆるく、また維持費も安く済むといった多くのメリットがあります。

日本で銃はどこで買える?

日本では禁止されている銃の使用ですが、手順さえ踏めば誰でも所持できることは意外と知られていない事実です。その一つが猟銃の所持です。

ヨーロッパでは狩猟の文化が根強く残っているので、ハンティングと称されるように猟銃により撃ち獲った鳥類やウサギその他、獣を調理するための手段として銃が使用されます。

日本での釣りのような感覚で楽しまれています。

日本でも鳥類やシカ猪などを調理目的で狩ることはありますが、趣味としての意味合いよりも、害獣駆除目的による猟銃の使用が一般的になってきています。

最近では猟友会など害獣駆除をする銃の免許を持った人間も少なくなってきているために、警察の方でも免許取得に来る初心者を好意的に受け入れてくれるところも多くなっているのが現状です。

免許の申請は警察署で行えますが、運転免許と同じように専門の機関でないと受けられないので最寄りの警察署で確認します。

必要な銃器所持の免許教習及び試験に合格すると様々な銃所持に関する書類を手に入れることができるので、その書類とともに銃器を扱う専門店で購入することができます。

アメリカは銃社会

現在の日本国内で銃を手にすることはほぼ不可能であり、一部の法執行機関と猟銃の携帯を許可された人だけが手にすることが出来ます。

しかしそれとは対照的なのがアメリカで、アメリカはまさに銃社会と言うべき状況を呈しています。

ここではもちろん猟銃も広く普及していますし、護身用の拳銃などを持っている人は数多くいます。

アメリカの人口数は約3億人ですが、そこで市民が持っている銃の数は約2億7千万となっており、実に9割近い人が何らかの銃を持っているのです。

これは一人で複数所持していることを計算に入れていませんから実際に所持している人の割合はもう少し低くなりますが、これだけを見ても世界に類を見ない銃社会であるとして考えることが出来ます。

この背景にはアメリカ合衆国憲法の修正第2条、人民は武器を手に身を守ることが認められているということがあり、これがある以上は今後も銃が完全になくなる社会というのは難しいでしょう。

こういった銃社会には良い効果も悪い効果もありますが、世界的にこうした銃への非難が集まっているのは確かです。

今後どのように変化していくのかについては注意深く見守る必要があるでしょう。