サングラス

サングラスの歴史

サングラスは、夏などにおいて日差しがきつい時に使われる色付きのメガネの事です。

サングラスの起源は明らかになっておらず、古代ローマ皇帝のネロがコロシアムの催しを観戦する時に、エメラルドで作られたレンズが入った眼鏡を使用していたという話も諸説あります。

12世紀頃において、中国の裁判官がスモーキークォーツを使用した眼鏡を着用していたという話もあります。

安価な大量生産品のサングラスが登場したのは、1929年にアメリカの事業家によって導入されました。

近年では、特に指定なしの場合には、黒いレンズが入った眼鏡の事をサングラスと呼んでいます。

偏光フィルターが採用された製品を偏光グラスと呼ばれており、このタイプの眼鏡は、雪上や水上でのスポーツなどで使われるケースが多いです。

雪や水面の太陽光の反射を抑える事によって、見易くする効果があります。

基本的にはミラーグラスですが、反射防止コートを使って反射を軽減させているサングラスもあります。

サングラスには、サイズの指定なしの製品も存在します。

サングラスの効果

サングラスは、最近ではおしゃれに使用する方法も多く、ファッションの一部として扱われているアイテムの1つです。

しかし、それだけではありません。他にも太陽などのまぶしさを防ぐだけではなく、紫外線の予防と効果があるとして注目されています。

みなさんご存知の通り、紫外線は1年を通して降り注いでいます。肌に日焼け止めをぬるだけでは、予防にはなりません。対策が必要なのは眼なのです。

日焼けは眼から紫外線を取り入れることで起こるとされています。また、紫外線は角膜や水晶体に害を及ぼし、白内障につながることもありえます。

それを未然に防ぐためには、サングラスの効果を知り、使用していくことが必要です。

サングラスの色と紫外線カットの効果は関係ありません。サングラスに表示されている紫外線透過率が低いほど、性能のよいサングラスなのです。

もしも、購入を検討されている方は、その点に注目して購入するとよいです。サングラスは気軽に使用できるので、自らの眼を守っていきましょう。

日本で人気のサングラスは

サングラスは、色々なタイプの製品が販売されています。

近年、日本で人気の高いサングラスは、レンズが大きめの物であったり、ランニングに最適な製品です。

サイズ指定なしの商品であれば、多くの人々が使えるようになっていますので、通常の眼鏡のように厳密にサイズを考慮して製品を選ばずに済みます。

この他に、日本で人気が高いサングラスとしては、ブランド品や眼鏡専門店からリリースされている製品を購入する事が多いです。

ブランド指定なしの場合には、より選択肢が増え、雪上スポーツなどに便利な偏光グラスや伊達眼鏡などを選択する事も可能でしょう。

ブランド品の場合、アパレルメーカーがブランドのファッションコレクションの一部として展開している事が多いですので、通常販売されている物に比べますと、ブランド色の強いデザインになっている事が特徴となっています。

高耐久性であったり、機能面で優れている物は価格が高めになっている傾向が高いです。

サングラスが似合うファッション

サングラスは日本では夏のイメージが強いですが、海外では冬のファッションにもお洒落に取り入れている人がたくさんいます。

サングラスは目を日差しから守るものですが、アクセサリー感覚で使う事も出来ます。1番取り入れやすいコーデはモノトーンコーデです。

黒ベースのコーデであればネックレス代わりに、白ベースのコーデであればアクセントとして使えます。

次に合わせやすい色は カーキ、チェック、ベージュなどです。

ロングコートやシャツのポイントとして取り入れると、冬でも違和感なくお洒落にコーディネートする事が出来ます。

サングラスはモダンな雰囲気を出してくれるので、大人の女性を演出したい時には効果抜群です。

また、黒色ではないサングラスを使うのも技ありです。薄い水色やブラウンなど、同じサングラスでも印象は変わってきます。

個性的にしたいときは、色付きにする等 色々な組み合わせを楽しめます。

夏のトロピカルなファッションだけでなく、冬の大人ファッションの中にもサングラスを取り入れてみましょう。