米寿の贈り物で喜ばれるセンスの良いお菓子5選

米寿は、88歳のお祝いのことを言います。「米」という漢字を分解すると「八十八」と読むことができるので、88歳を「米寿」と呼ぶようになったようです。

また「八」は、昔から末広がりを意味するとても縁起の良い数字とされています。歴史を紐解いてみても、「八」という数字は常にプラス思想となっています。

そのような縁起が良い数字が2つ重なっているのですから、長寿祝いの中でも特に盛大にお祝いする地域が多く存在します。

そして日本人の主食はお米であり、このようなことからも米寿はお米を連想させます。

食生活に欠かせないお米はとても大事な食べものですから、より米寿がおめでたいとされています。

米寿のことを「米の祝い」と呼ぶこともあり、お米にちなんだ物や、稲穂の色を連想させる金色などの物をプレゼントする場合も多いです。

年齢を考えるとプレゼント選びは慎重にしなければいけないでしょう。

花をプレゼントするのが一般的で、生花やブリザーブドフラワーのような枯れない美しいものなどが選択されます。

それはそれで喜んで貰えるでしょうが、年齢を考えるとやはり美味しい物を食べさせてあげたいという人も多いのではないでしょうか。

そういう時には、やはり食べやすいお菓子が適しているかもしれません。

紅白饅頭

ある程度好みの物をリサーチするのも大事ですが、紅白饅頭は無難で定番の品と言えるでしょう。

紅白は喜び事の象徴ですし、昔から馴染みのある和菓子ですから、きっと喜んで貰える筈です。最近では、名入れのものまであって人気を集めています。

デコレーションケーキ

次におしゃれな感じと言えばデコレーションケーキで、ケーキの表面にメッセージを入れることが出来るのもいいですね。

生クリームにイチゴだったり、チョコレートが好きな方ならバタークリームでも良いでしょう。家族揃ってお祝いするのに適していますし、場を盛り上げてくれます。

バームクーヘン

生クリームなどが苦手な方には、シンプルなバームクーヘンというのも良いです。

慶事の贈り物などにも好まれているお菓子で、あっさりとした味わいが人気の理由です。

どら焼き

リサーチしてみると和菓子が圧倒的に選ばれていますが、紅白饅頭以外ですとどら焼きというのも根強い人気です。

どら焼きは老若男女問わず好まれているお菓子で、嫌いな人は少ないでしょう。

マカロン

どうしても和菓子に行きついてしまいますが、おしゃれなお菓子として最適などはマカロンです。高級感のある洋菓子ですし、見た目も綺麗で食べやすいです。

自分では中々購入しないもので、初めて食べるというお爺ちゃん、お婆ちゃんもいるのではないでしょうか。

高齢になると量より質となりますから、初めてのスイーツもいいかもしれません。

そして余り日持ちがしない物は避けるべきで、好きな時に少しずつ味わえるものが良いでしょう。

紅白饅頭、デコレーションケーキ、バームクーヘン、どら焼き、マカロンと5品選びましたが、まだまだおしゃれなお菓子は色々ありますから、適した物を選んであげましょう。

 

参考記事→米寿祝いのプレゼントで喜ばれるおしゃれなお菓子5選

米寿のプレゼントに黄色を選ぶのは何故か?その理由

米寿は、長寿祝いの一つで数え年88歳、満87歳の祝いです。米という字を分解すると八十八になることからこの名前が付きました。

八という数字は日本では末広がりで縁起の良い数とされていました。

それが二つも重なっていること、また日本人と米は切っても切れない深い縁があることもあり八十八歳の祝いは大変めでたい縁起の良いお祝いとされています。

今では米寿は家族や近親者がお祝いの席を設けますが、かつては米寿を迎える方が家族や近親者を招いて祝宴を開いていました。

招かれた方がこのおめでたさにあやかりたいと願ったといわれます。

またその時参列者に配られたのがを升ではかるとき平らにならすための棒「斗掻き(とかき)」と米を炊くときにカマドで火をおこすために使った「火吹き竹」です。

米にちなんだ祝いらしい引き出物です。長寿祝いには各祝いに対して、お祝いの色があります。米寿は黄色や金茶が祝いの色です。この色は稲穂を表す色だといわれています。

本当に米に密接な祝いの年で日本人には特に思い入れの強い祝い年の一つです。プレゼントに黄色の物が選ばれる理由はここからきています。

米寿祝いでおすすめのプレゼントは?

米寿で贈られてきたのは黄色や金茶色のちゃんちゃんこや頭巾、座布団、扇子等です。

しかし現在では、ちゃんちゃんこや頭巾は普段使いしないので、お祝い当日のイベント用として贈り、その他に本当に贈りたいものを用意するようになってきました。

座布団や扇子は普段使いに対応できるので喜ばれるものです。特別なものとしては金杯も華やかです。花束も黄色の花をあわせたものは見ているだけで気持ちが明るくなります。

せっかくなので、いつまでも枯れないブリザードフラワーにしても喜ばれます。身に着けるものでは黄色いシャツやTシャツも喜ばれています。

品物も喜ばれますが、なんといっても家族からの手書きのメッセージや写真が喜ばれるようです。

今の時代集まったその場でとった集合写真を中心にアルバムが作れるますので、ここは孫やひ孫の出番です。

今の感動をそのまま今見られるといった嬉しさなど、家族との楽しい思い出や、家族が手作りしてくれたプレゼントを嬉しいと思う人が多いようです。

変わったところでは生まれた時の新聞をコンビニの複合機でプリントできるサービスもあります。

おすすめは誕生日に何があったかを知ることができる誕生日の翌日の新聞です。この新聞記事で家族と盛り上がれること請け合いです。

米寿祝いのプレゼント、贈ってはいけないものがある

どの長寿祝いもそうですが、贈ってはいけない品がありますので気を付けることが必要です。

は数字の9と4で苦しむや、死ぬなどを連想させますので長寿祝い以外にもお祝い時には贈りません。

香りの良いお茶なども贈りたいところですが、香典返しに使われることが多いので避けた方が良いとされています。

老いをさらに感じさせるという理由から杖など年齢を重ねてから必要になる小物は避けた方が良いとされてきましたが、今は杖も花柄やドットとカラフルで軽く丈夫で持つだけで心浮き立つようなものもありますし、老眼鏡もフレームがとてもおしゃれなものが多く、好みのものを選ぶために一緒に出掛けることも込みでお祝いの品としても良いと思います。

 

参考記事:米寿祝いのプレゼントに黄色の物が選ばれる理由