還暦のお祝い用プレゼントの選び方|男性編

還暦の際のプレゼントを男性に贈る場合には、贈る相手の趣味や性格を反映させた品物を選ぶと良いです。

特に趣味に関連する品物は、喜ばれることが多いので事前に送る相手の趣味を確認した上でプレゼントを選びましょう。

通常還暦の男性に贈る品物で定番となっている品物は赤いちゃんちゃんこですが、赤いちゃんちゃんこに関連する品物を趣味に反映させた形で贈るケースが多いです。

例えばランニングが趣味の男性に赤いランニングウエアを贈ったり、釣りが趣味の人に赤いベストを贈ると、還暦の贈り物に喜ばれます。

60歳だと色々と趣味を持っている人が多く、男性の場合には特に様々な物事に興味を持っている年齢なので、興味のあることに関連する品物と還暦のお祝いを組み合わせると良いでしょう。

座布団

男性が60歳のお祝いでプレゼントされると嬉しい品物で、その他に挙げることができるのが座布団です。

座布団は日常的に利用することが可能で、リラックスする際に使用するものなので、相手に良い印象を持ってもらえます。

また頻繁に買い替える品物ではないことから、長く使ってもらえる点もポイントです。

色やサイズが豊富で選択肢が豊富な点も選ぶ側にとっては重要で、相手の好みを反映させた形で品物を選べるので、贈る側も贈られる側もメリットの多い品物と言えます。

色に関しては赤が選ばれることが多いですが、近年では色を赤に限定せずに贈ることも多いので、日常的に使用してもらいたい場合には、落ち着いたカラーを選択すると良いでしょう。

食器類

日常的に使用するタイプの贈り物で人気なのが、湯呑みなどの食器類となっています。食器類は毎日使用する物なので需要が高い品物です。

また種類が豊富で大きさや色を細かく設定することが可能なので、相手が喜ぶ品物を適切な形で選べます。

還暦のプレゼントで湯呑みを選ぶ場合には、贈答用の品質の高い湯呑みを選ぶと良いです。

近年還暦の贈り物で選ばれるケースが増えている時計は、男性向けのプレゼントでは定番になっているので、どのタイプの相手に対しても間違いのない贈り物と言えます。

時計

贈り物の時計は価値が認められたブランドの時計を贈るケースが多く、日常的に身に付けることが可能なデザインを選ぶと良いです。

ただ時計の趣味には色々と個性があることから、事前に贈る相手にどのようなデザインが好みなのかを聞いておくと安心です。

時計や湯呑みなどのいつまでも手元に残る品物以外に、お酒や旅行などを贈る場合には、ちょっとした小物を記念でプレゼントしておくと贈った相手から喜ばれるケースが多いです。

お酒

お酒の場合にはお酒の質と同時にケースや瓶に対して特別な装飾が施されていたり、特殊なデザインとなっている品を選ぶと良いです。

旅行

また旅行を贈る場合には、旅行先でなにか記念になる物を贈っておけば一生の思い出になります。

贈り物を選ぶ際には相手の気持ちが大切なので、事前に趣味や性格を理解しておきましょう。

 

プレゼントの選び方の参考記事→
還暦祝いのプレゼントに何を贈る?男女別の喜ばれる物やイベントについて

上司の77歳のお祝いに贈りたいプレゼント5選

喜寿とは77歳を指し、「喜」の字を漢字の草書体で表すと上が「七」下が「十七」で「七十七」となります。そういう言われで、77歳のお祝いになったようです。

長寿のお祝いとして、身内で食事会などを開いてお祝いをするというのが一般的です。

親族ならその人の趣味や好みも分かりますが、相手が上司の場合、プレゼント選びには頭を悩ませます。

ですが多くの企業は60歳、65歳で定年となり、一緒に仕事をすることもほとんどありません。次第に疎遠になってしまい、顔を合わせることも無くなる筈です。

それでも中にはお世話になった上司への感謝の気持ちで、節目節目にプレゼントをする人もいるでしょう。

喜寿も長寿の領域に入っている訳ですから、その人に相応しい物を送りたいものです。

定番はお花(プリザーブドフラワー)

そこで真っ先に考えられるのは、華やかで美しいお花です。お花と言っても、花束に鉢植え、ブリザーブドフラワーなど様々な種類があります。

昔は生花の花束が定番でしたが、今は胡蝶蘭や観葉植物などの鉢物や何時までも枯れずに美しいブリザーブドフラワーが主流です。

寄せ書き

次にお祝いとして喜ばれるのが寄せ書きです。寄せ書きによって近況報告も出来ますし、上司にとっても部下の動向は気になるものですから、喜ばれる事間違いなしでしょう。

寄せ書きなら高額な品ではないので、上司が気を遣うということも余りありません。金額ではなく、お世話になったという気持ちを込めて書くことが大事です。

夫婦茶碗などの陶器

又奥様がご健在なら、夫婦茶碗などの陶器も良いかもしれません。コーヒー好きの方には、ペアのカップも案外喜ばれる品となっています。

最近は77歳といってもまだまだ元気なので、趣味や習い事を頑張っている人も少なくないです。

そういう人には、少し事前のリサーチが必要ですが、趣味などに役立つものが良いでしょう。

服飾小物

活動的な人は、身なりもきちんとしているおしゃれな人が多いです。鞄や財布といった持ち物にも気配りをする筈ですから、服飾小物類も候補に上げられます。

ギフトカード・旅行券・カタログギフト

そしてちょっと味気ないという人もいますが、やはりギフトカードは外せないでしょう。自分好みの物が買えますし、旅行券なら旅行を楽しむことができます。

最近ではカタログギフトというのも人気で、プレゼントとして選ぶ人が増えています。

このように、花、寄せ書き、陶器、服飾小物、ギフト券と5点選びましたが、これら以外にも適したプレゼントは色々あります。

上司の事を思い浮かべながら、慎重に選ぶのが大切です。プレゼントというのは、どんなに知恵を絞っても、完璧に喜んで貰える物は難しいです。

人其々考え方が違うのですから仕方がないことですが、プレゼントを渡す時に、感謝の気持ちを込めた言葉を添えることが大事かもしれません。

メールやラインの世の中であっても、言葉を発することでコミニュケーションがスムーズになるように思われます。

「こんにちは!」や「有難う!」という挨拶は、優しい気持ちにさせてくれます。

 

参考記事→上司の喜寿祝いに送りたいプレゼント5選

米寿の贈り物で喜ばれるセンスの良いお菓子5選

米寿は、88歳のお祝いのことを言います。「米」という漢字を分解すると「八十八」と読むことができるので、88歳を「米寿」と呼ぶようになったようです。

また「八」は、昔から末広がりを意味するとても縁起の良い数字とされています。歴史を紐解いてみても、「八」という数字は常にプラス思想となっています。

そのような縁起が良い数字が2つ重なっているのですから、長寿祝いの中でも特に盛大にお祝いする地域が多く存在します。

そして日本人の主食はお米であり、このようなことからも米寿はお米を連想させます。

食生活に欠かせないお米はとても大事な食べものですから、より米寿がおめでたいとされています。

米寿のことを「米の祝い」と呼ぶこともあり、お米にちなんだ物や、稲穂の色を連想させる金色などの物をプレゼントする場合も多いです。

年齢を考えるとプレゼント選びは慎重にしなければいけないでしょう。

花をプレゼントするのが一般的で、生花やブリザーブドフラワーのような枯れない美しいものなどが選択されます。

それはそれで喜んで貰えるでしょうが、年齢を考えるとやはり美味しい物を食べさせてあげたいという人も多いのではないでしょうか。

そういう時には、やはり食べやすいお菓子が適しているかもしれません。

紅白饅頭

ある程度好みの物をリサーチするのも大事ですが、紅白饅頭は無難で定番の品と言えるでしょう。

紅白は喜び事の象徴ですし、昔から馴染みのある和菓子ですから、きっと喜んで貰える筈です。最近では、名入れのものまであって人気を集めています。

デコレーションケーキ

次におしゃれな感じと言えばデコレーションケーキで、ケーキの表面にメッセージを入れることが出来るのもいいですね。

生クリームにイチゴだったり、チョコレートが好きな方ならバタークリームでも良いでしょう。家族揃ってお祝いするのに適していますし、場を盛り上げてくれます。

バームクーヘン

生クリームなどが苦手な方には、シンプルなバームクーヘンというのも良いです。

慶事の贈り物などにも好まれているお菓子で、あっさりとした味わいが人気の理由です。

どら焼き

リサーチしてみると和菓子が圧倒的に選ばれていますが、紅白饅頭以外ですとどら焼きというのも根強い人気です。

どら焼きは老若男女問わず好まれているお菓子で、嫌いな人は少ないでしょう。

マカロン

どうしても和菓子に行きついてしまいますが、おしゃれなお菓子として最適などはマカロンです。高級感のある洋菓子ですし、見た目も綺麗で食べやすいです。

自分では中々購入しないもので、初めて食べるというお爺ちゃん、お婆ちゃんもいるのではないでしょうか。

高齢になると量より質となりますから、初めてのスイーツもいいかもしれません。

そして余り日持ちがしない物は避けるべきで、好きな時に少しずつ味わえるものが良いでしょう。

紅白饅頭、デコレーションケーキ、バームクーヘン、どら焼き、マカロンと5品選びましたが、まだまだおしゃれなお菓子は色々ありますから、適した物を選んであげましょう。

 

参考記事→米寿祝いのプレゼントで喜ばれるおしゃれなお菓子5選

母親の喜寿のプレゼントにおすすめの5選

喜寿は数え年で77歳のお祝いになります。数えで77歳といえば、昔は長寿でお祝いをしたものですが、最近の日本の女性の平均寿命は80歳を過ぎています。

まだまだ足腰も丈夫で趣味を楽しみ、自分で身の回りのことをしたり、パートタイムで働いている方も珍しくありません。

現役で頑張っている方も少なくありませんので、あまりお年寄り扱いをすると気を悪くするのではとお祝いを控える方もいますが、家族やご友人に祝ってもらう機会はそうあるものではありません。

大人になると自分の子供や孫のためにお祝いをしてきたのですから、これまでの感謝を込めてプレゼントをすることをおすすめします。

旅行

母が喜ぶプレゼントとして、元気であれば、旅行が良いでしょう。行ってみたかった場所に行くのに又とない機会です。

自分一人だけでは旅行に行きにくいものですが、家族旅行であれば子供や孫がサポートしてくれるので安心して旅行に行けるという方も少なくありません。

海外旅行も現在では価格も押されられていますので、楽しい思い出を作りに家族や親族みんなで出かけるのも良いものです。

商品券

しかし、社会人の家族はなかなかみんなの休みが合わない場合もあるものです。そのような場合は商品券という選択肢もあります。

現金をプレゼントするのは味気がないものですが、普段お買い物をする百貨店の商品券などであれば利用価値が高く、自分が本当に好きなものを心置きなく購入することが出来ます。

実用的なもの

遠方にいるためなかなか実家に帰ることが出来ないという方は、実用的なプレゼントを送るのも良いでしょう。

毎日使う物としては、パジャマやエプロンなどの身の回りの物もおすすめです。

母の普段の趣味などを良く知っているようであれば、趣味に合う毎日使う物を送ると喜ばれるでしょう。

もしお孫さんがいらっしゃるのであれば、一緒に選ぶのも良い選択です。

送る際にはお孫さんのメッセージや絵なども添えるとより喜ばれます。家族みんなでお祝いをしていることが伝わります。

お花もプレゼントとしては最適です。

母が好きなお花を選んで送るのも良いですが、手入れが面倒だという方には最近はブリザードフラワーもおすすめです。

手入れが不要な上に、長い間美しい状態を保ってくれます。

ブリザードフラワーは名入れをしてくれるサービスもありますので記念に名入れをしてもらうと世界で一つの贈り物になります。

お酒

もし父、母ともにお酒を楽しまれるようでしたら、ワインや日本酒などお好きなお酒をプレゼントするのも良いでしょう。

喜寿の年齢になっても食事の際にワインを楽しまれる方も少なくありません。

ワインや日本酒でも、名入れをしてくれるサービスがありますので、名入れをしてもらうと喜んでもらえることでしょう。

その他にも、お二人の結婚記念日や、家族の思い出の日のワインなどを用意すれば、思い出深い喜寿のお祝いになることでしょう。

思い出のお酒と一緒に家族みんなで食事をするというのも忘れられない一日になります。

 

参考記事:母親の喜寿祝いにピッタリなプレゼント5選

米寿のプレゼントに黄色を選ぶのは何故か?その理由

米寿は、長寿祝いの一つで数え年88歳、満87歳の祝いです。米という字を分解すると八十八になることからこの名前が付きました。

八という数字は日本では末広がりで縁起の良い数とされていました。

それが二つも重なっていること、また日本人と米は切っても切れない深い縁があることもあり八十八歳の祝いは大変めでたい縁起の良いお祝いとされています。

今では米寿は家族や近親者がお祝いの席を設けますが、かつては米寿を迎える方が家族や近親者を招いて祝宴を開いていました。

招かれた方がこのおめでたさにあやかりたいと願ったといわれます。

またその時参列者に配られたのがを升ではかるとき平らにならすための棒「斗掻き(とかき)」と米を炊くときにカマドで火をおこすために使った「火吹き竹」です。

米にちなんだ祝いらしい引き出物です。長寿祝いには各祝いに対して、お祝いの色があります。米寿は黄色や金茶が祝いの色です。この色は稲穂を表す色だといわれています。

本当に米に密接な祝いの年で日本人には特に思い入れの強い祝い年の一つです。プレゼントに黄色の物が選ばれる理由はここからきています。

米寿祝いでおすすめのプレゼントは?

米寿で贈られてきたのは黄色や金茶色のちゃんちゃんこや頭巾、座布団、扇子等です。

しかし現在では、ちゃんちゃんこや頭巾は普段使いしないので、お祝い当日のイベント用として贈り、その他に本当に贈りたいものを用意するようになってきました。

座布団や扇子は普段使いに対応できるので喜ばれるものです。特別なものとしては金杯も華やかです。花束も黄色の花をあわせたものは見ているだけで気持ちが明るくなります。

せっかくなので、いつまでも枯れないブリザードフラワーにしても喜ばれます。身に着けるものでは黄色いシャツやTシャツも喜ばれています。

品物も喜ばれますが、なんといっても家族からの手書きのメッセージや写真が喜ばれるようです。

今の時代集まったその場でとった集合写真を中心にアルバムが作れるますので、ここは孫やひ孫の出番です。

今の感動をそのまま今見られるといった嬉しさなど、家族との楽しい思い出や、家族が手作りしてくれたプレゼントを嬉しいと思う人が多いようです。

変わったところでは生まれた時の新聞をコンビニの複合機でプリントできるサービスもあります。

おすすめは誕生日に何があったかを知ることができる誕生日の翌日の新聞です。この新聞記事で家族と盛り上がれること請け合いです。

米寿祝いのプレゼント、贈ってはいけないものがある

どの長寿祝いもそうですが、贈ってはいけない品がありますので気を付けることが必要です。

は数字の9と4で苦しむや、死ぬなどを連想させますので長寿祝い以外にもお祝い時には贈りません。

香りの良いお茶なども贈りたいところですが、香典返しに使われることが多いので避けた方が良いとされています。

老いをさらに感じさせるという理由から杖など年齢を重ねてから必要になる小物は避けた方が良いとされてきましたが、今は杖も花柄やドットとカラフルで軽く丈夫で持つだけで心浮き立つようなものもありますし、老眼鏡もフレームがとてもおしゃれなものが多く、好みのものを選ぶために一緒に出掛けることも込みでお祝いの品としても良いと思います。

 

参考記事:米寿祝いのプレゼントに黄色の物が選ばれる理由

両親の喜寿のお祝いにピッタリなプレゼントとは?

喜寿は、77歳の長寿を迎えた方をお祝いするとても大切な記念日となっています。

大切な記念日にこれまで育ててくれた両親に感謝の気持ちとこれからも長く健康で暮らしてもらいたいという願いを込めてプレゼントを贈る方が多いです。

両親の喜寿祝いプレゼント、おすすめは「お花」

ありがとうの感謝の気持ちを伝えるプレゼントとしてやはり花が一番ピッタリなプレゼントとなっています。

しかし、生花を贈ると全く花のお世話をした事が無い人の場合、貰ってからが手間が掛かり大変です。

生花の手入れは毎日必要で枯れないように水をあげたり、肥料をあげたり時には鉢の入れ替えなども行う必要があります。花が初心者の方にとっては大変な労力が必要です。

手入れ不要、長く美しさを保てるプリザーブドフラワーが一押し

同じ花でもプリザーブドフラワーですと枯れる心配が無く型崩れもせず長く綺麗な状態で飾っておく事が出来ます。

プリザーブドフラワーは、元は生花で特殊な処理を行った造花です。生花に無い色合いや風合いを出す事が出来、喜寿や還暦など様々な記念日にギフトとして贈られています。

花のお世話をした経験が無い人も水や肥料をあげる必要が無いため気軽に室内に置いておく事が可能です。日光に当てておく必要も無いため置いておく場所も暗所でも問題ありません。

ギフトを貰った両親がその後、手入れをせずに美しい花を鑑賞出来るプリザーブドフラワーは、喜寿のお祝いにはピッタリです。

プリザーブドフラワーは、豊富なカラーの花があるためフラワーアレンジメントで組み合わせる事で更に綺麗な花束を作る事が出来ます。

プリザーブドフラワーは5年ほど保つため生花と比べると圧倒的に寿命が長いのもメリットの一つです。

花瓶も必要が無く好きな器に入れる事が出来るため器も綺麗な物を選べます。

プリザーブドフラワーは、生花から作られており薔薇やダリア、ローズといった花の種類が豊富です。

好きな花を組み合わせて花飾りにしたり、花束にして贈る事も出来ます。プレゼントのバリエーションが豊富な点もプリザーブドフラワーの大きな魅力です。

プリザーブドフラワーは、インターネットで簡単に購入できる

プレゼントを購入する場合、実店舗でプリザーブドフラワーを置かれている所が少ないですが、インターネット店舗で購入出来ます。

生花とは異なり枯れる心配が無いためネット店舗で購入し易いです。

ネット店舗で販売されているプリザーブドフラワーは、ラインナップも非常に多くメッセージカードやラッピングサービスも対応して頂けます。

直接配送をするサービスなども行われているためプレゼントを贈る場合には便利です。

以上、プリザーブドフラワーは喜寿をお祝いするギフトにはピッタリで贈る両親にも喜んで貰えます。

花そのものの色を活かしたり、生花では表現出来ない色合いが非常に美しいです。

フォトフレームや鏡といったアイテムにプリザーブドフラワーをアレンジメントして飾りとして使う事も出来ます。

日頃の感謝の気持ちを込めて両親にギフトを贈りたいと考えている方は、プリザーブドフラワーを使ったギフトが最適です。

 

参考記事→両親への喜寿祝いの人気プレゼント

両親の還暦のお祝いに旅行をプレゼントしよう!

還暦とは、60歳の誕生日を意味し、由来は十干十二支から来ています。

干支が一巡し元の干支に戻るのが、60年かかるため、暦が一巡するまで長生きすることが出来たので、縁起がいいと言われています。

人間は全員いつか必ず死を迎えます。60歳を迎えることなく、亡くなってしまう事も当然にあるため、還暦まで生きられたという事は非常におめでたいことで、まして五体満足で心身ともに健康だったらいう事なしなのです。

日本でのお祝いは、本人に赤色の衣服をプレゼントすることで有名です。ちゃんちゃんこが一般的ですが、頭巾を送る場合もあります。

昔は、魔よけという意味あいで、赤ちゃんに産着としてプレゼントされていましたが、今では、第二の人生の始まりという意味あいで、還暦祝いにも、赤色の衣服をプレゼントする風習になっています。

この時期に会社を退職して、死を迎えるまでの残り時間をゆったりのんびり好きな事をして暮らすというのが一番理想です。

還暦祝いに旅行のプレゼント

両親が心身ともに健康で無事に還暦を迎えることが出来たら、赤色の衣服のほかに、旅行をプレゼントする事をおすすめします。

旅行のメリットとしては、今の時代は高速道路が発達しているため、日本国内の大概の地域は気軽に行く事が可能です。

沖縄や一部の島は飛行機でしか行くことができませんが、四国や九州は高速道路が開通していますし、北海道へも新幹線で行ける様になっています。

旅行といえば、十人十色というように、人それぞれ好みが違いますが、グルメと温泉の旅行をプレゼントして、喜ばない人はまずいません。

基本的に有名な夕食付の温泉旅館に行けば、その地方の名物料理も堪能できるため、グルメと温泉はセットになっています。

自宅から現地まで直行で行って、のんびり宿を満喫するのも良いですし、ちょっと物足りない場合は、観光を挟むというのも一つの手段です。

旅行はツアーを利用するのが便利

旅行をプレゼントする場合、さまざまなプランがありますが、一番無難なのは、ツアーを利用する事です。

ツアーでは、途中の休憩時間や観光時間が短い時もありますが、家族の誰もが運転しなくていいという最大のメリットがあります。

自分で車を運転する場合、万一の事故にあえば、楽しい一時を過ごせるはずが、全て台無しになってしまいます。

その点ツアーの場合は、万一があった場合でも、会社が全て保証してくれるので安心です。

ツアー会社の運転手はプロの運転手なので、他人から故意に事故をおこされない限り、まず事故の心配はしなくて大丈夫です。

滞在期間が短い場合や、1週間程度で色々訪れたい場合は、ツアーがおすすめですが、長期滞在したい場合は、宿を各自で予約し、新幹線のグリーン車や特急列車の利用がおすすめです。

還暦になって仕事を退職した後、1ヶ月くらい温泉旅館に泊まって美味しいものを食べてくつろげば、誰でも精神面に余裕がうまれ、第2の人生の生き方を考えられるようになるため、一石二鳥にも三鳥にもなります。

また、良い親孝行にもなるため、おすすめします。

 

参考記事→意外と喜ばれる!還暦祝いに日帰り旅行をプレゼントするメリット

喜寿のお祝い用プレゼントの選び方|男性編

喜寿のお祝いは、77歳を迎えた長女のお祝いで様々なプレゼントを贈る方がいます。

喜寿祝いのプレゼント、人気は似顔絵

喜寿のお祝いで男性に贈るプレゼントの選び方ですが、現在多く選ばれているのは似顔絵です。

おじいちゃんやおばあちゃんの似顔絵と名前が入った物を喜寿のお祝いに選ばれています。

似顔絵に感謝の気持ちを込めたメッセージなどを入れておく事で更に貰った相手が喜ぶプレゼントです。

名入り置時計もおすすめ

喜寿の記念品で名前入りの置き時計>を選ばれている方も多いです。

似顔絵と同じくメッセージを入れたオリジナルの時計をプレゼントする方が増えています。

置き時計など小物であれば室内にいつまでも飾っておく事が出来ます。時計は日常的に必ず見るため記念品には最適なアイテムです。

プリザーブドフラワーを選ぶ方も

女性に人気を集めていますが、最近は男性にも贈るギフトに選ばれているアイテムでプリザーブドフラワーがあります。

プリザーブドフラワーは、生花に特殊な処理を施しているため生花のように枯れてしまう事はありません。

保存期間も3年から5年と非常に長い間美しい状態を維持する事が出来ます。生花ですと水やりや土の入れ替え、肥料を与えたり手間が必要です。

特に男性ですと花のお世話する人は少ないためもらった後に困るケースがあります。

プリザーブドフラワーであれば、特に手入れの必要が無く室内に飾って見て楽しめる事が魅力です。

花の色も様々で男性に向いている濃い色のプリザーブドフラワーもあるため男性に贈るプレゼントとして選ばれています。

お酒が好きな方ですと焼酎をギフトに選ぶ方も多いです。

焼酎のラベルにオリジナルのメッセージなどを記載して名前を入れたオリジナルのグッズを演出出来ます。

贈る人の趣味に合わせたギフトも喜ばれる

ゴルフをする方ですとゴルフボールやクラブをプレゼントに選ばれており、ギフトを贈る人の趣味にも合わせて選ぶ事が必要です。

例えば、旅行好きな方の場合は温泉旅行や観光旅行を贈ったりされています。

趣味を持っている方であれば、趣味に合わせたギフトを選ぶと喜んでもらえる可能性が大きいです。

あまり決まった趣味がないと言う方には、プリザーブドフラワーや置き時計などの記念品を選ぶと喜んでもらえます。

ギフトにはできるだけメッセージを入れたり、メッセージカードを付けると気持ちが伝わりやすいです。

日ごろの感謝をメッセージにして伝える事で喜寿のお祝いを思い出に残る物に出来ます。

喜寿のギフト選びは、とても悩みますが日頃から相手の趣味や欲しいものをチェックしておくと選びやすいです。

どうしてもギフトが決まらない場合には、店舗に行って店員さんに相談する事も方法の一つとなっています。

店舗でよく売れている物を聞く事で自分のギフト選びの参考にする事が可能です。

インターネットなどの口コミなどもギフト選びの参考に出来ます。

以上がギフト選びのポイントとなるため贈る相手が喜んでくれるようなギフトを選ぶための参考になると良いです。

【喜寿の祝い方や人気のついて専門にまとめたサイト】
家族で祝うおばあちゃんの喜寿祝い

貰って嬉しい還暦のプレゼント(女性編)

近年ではたとえ60歳を超えていたとしても、生き生きと精力的に活躍している女性が多く見られます。

毎日仕事をこなしている上司もいれば、アクティブに過ごしている人も多いので、還暦のプレゼントを選ぶのであれば、プライベートや職場などで身につけておくことができるアイテムをプレゼントに選ぶと良いでしょう。

それまで仕事を精力的にこなしていたけれども、還暦をきっかけに退職したり第一線を退こうとしている女性がいるのであれば、新たなフィールドでの生活を楽しめるアイテムを贈るのも喜ばれます。

還暦祝いのプレゼント、避けるべきアイテムは?

プレゼントを贈る際のマナーとして、もしも目上の人に贈るのであれば、踏みつけるアイテムとなる靴や敷き物などは避けた方がよいでしょう。

老人を意識させるようなものは年寄り扱いされて不快に思うケースもあるので避けた方がよいといえます。

女性への還暦祝いギフト、選ぶポイントは?

女性の還暦祝いのプレゼントを選ぶ時に一番大切なことは、日ごろの感謝の気持ちをもって選んだり、これからも元気で過ごしてほしいという気持ちを込めて、さらにはそれが伝わるようなアイテムを選ぶことが大切です。

長寿のお祝いとなるため、普段のプレゼントよりも、やや高額なアイテムを贈ることをおすすめします。

それだけではなく手紙やメッセージカードなどを添えて贈ることで、いつまでも手元に残り、すてきな思い出となることでしょう。

近年では60歳を迎えたとしてもまだまだ若く元気な女性が多いので、あまりにも60歳をイメージさせるものや、老人を意識させるようなことのない実用的なファッションアイテムを選ぶとよいでしょう。

また品物をあげるのではなくて、家族全員が集まってお祝いの席を設ける、子供や孫などと一緒に遠方へ外出する、配偶者と一緒に旅行に行けるように旅行を贈るなど、思い出を贈る方法も喜ばれています。

参考記事:還暦祝いでお母さんが絶対に喜ぶプレゼント25選!【予算別】

一番おすすめはフラワーギフト

もらってうれしい還暦のプレゼントとして、まず第一に挙げられるのが、やはり花やフラワーギフトです。

年寄り扱いされるのがいやだと考える人でも、女性ならだれでも貰うとうれしい花束は喜ばれることでしょう。

普段のお祝いの場や誕生日でも選ばれるものであるため、上手に還暦を意味する赤色の花を取り入れることによって、贈る相手に不快感を与えることなく自然にお祝いすることができます。

赤色の中でもやはり人気があるのがバラですが、そのほかにも花言葉に感謝、あふれる喜びなどを意味するダリアも人気があります。

花束だけではなく、花時計には幸せの時を刻むという意味を持ち、ブリザードフラワーには永遠、いつまでも元気でという意味を持っているので、還暦祝いにはぴったりのアイテムと言えます。

このような花やフラワーギフトは、どのような花を組み合わせるかによっても値段が大きく変わってくるので、職場の全員でお金を出し合って大きな花束を作ってもらうのもよいでしょう。

もしも好みの花を知っているのであれば、それをメインにして花束を作ってもらうことも喜ばれます。

サングラス

サングラスの歴史

サングラスは、夏などにおいて日差しがきつい時に使われる色付きのメガネの事です。

サングラスの起源は明らかになっておらず、古代ローマ皇帝のネロがコロシアムの催しを観戦する時に、エメラルドで作られたレンズが入った眼鏡を使用していたという話も諸説あります。

12世紀頃において、中国の裁判官がスモーキークォーツを使用した眼鏡を着用していたという話もあります。

安価な大量生産品のサングラスが登場したのは、1929年にアメリカの事業家によって導入されました。

近年では、特に指定なしの場合には、黒いレンズが入った眼鏡の事をサングラスと呼んでいます。

偏光フィルターが採用された製品を偏光グラスと呼ばれており、このタイプの眼鏡は、雪上や水上でのスポーツなどで使われるケースが多いです。

雪や水面の太陽光の反射を抑える事によって、見易くする効果があります。

基本的にはミラーグラスですが、反射防止コートを使って反射を軽減させているサングラスもあります。

サングラスには、サイズの指定なしの製品も存在します。

サングラスの効果

サングラスは、最近ではおしゃれに使用する方法も多く、ファッションの一部として扱われているアイテムの1つです。

しかし、それだけではありません。他にも太陽などのまぶしさを防ぐだけではなく、紫外線の予防と効果があるとして注目されています。

みなさんご存知の通り、紫外線は1年を通して降り注いでいます。肌に日焼け止めをぬるだけでは、予防にはなりません。対策が必要なのは眼なのです。

日焼けは眼から紫外線を取り入れることで起こるとされています。また、紫外線は角膜や水晶体に害を及ぼし、白内障につながることもありえます。

それを未然に防ぐためには、サングラスの効果を知り、使用していくことが必要です。

サングラスの色と紫外線カットの効果は関係ありません。サングラスに表示されている紫外線透過率が低いほど、性能のよいサングラスなのです。

もしも、購入を検討されている方は、その点に注目して購入するとよいです。サングラスは気軽に使用できるので、自らの眼を守っていきましょう。

日本で人気のサングラスは

サングラスは、色々なタイプの製品が販売されています。

近年、日本で人気の高いサングラスは、レンズが大きめの物であったり、ランニングに最適な製品です。

サイズ指定なしの商品であれば、多くの人々が使えるようになっていますので、通常の眼鏡のように厳密にサイズを考慮して製品を選ばずに済みます。

この他に、日本で人気が高いサングラスとしては、ブランド品や眼鏡専門店からリリースされている製品を購入する事が多いです。

ブランド指定なしの場合には、より選択肢が増え、雪上スポーツなどに便利な偏光グラスや伊達眼鏡などを選択する事も可能でしょう。

ブランド品の場合、アパレルメーカーがブランドのファッションコレクションの一部として展開している事が多いですので、通常販売されている物に比べますと、ブランド色の強いデザインになっている事が特徴となっています。

高耐久性であったり、機能面で優れている物は価格が高めになっている傾向が高いです。

サングラスが似合うファッション

サングラスは日本では夏のイメージが強いですが、海外では冬のファッションにもお洒落に取り入れている人がたくさんいます。

サングラスは目を日差しから守るものですが、アクセサリー感覚で使う事も出来ます。1番取り入れやすいコーデはモノトーンコーデです。

黒ベースのコーデであればネックレス代わりに、白ベースのコーデであればアクセントとして使えます。

次に合わせやすい色は カーキ、チェック、ベージュなどです。

ロングコートやシャツのポイントとして取り入れると、冬でも違和感なくお洒落にコーディネートする事が出来ます。

サングラスはモダンな雰囲気を出してくれるので、大人の女性を演出したい時には効果抜群です。

また、黒色ではないサングラスを使うのも技ありです。薄い水色やブラウンなど、同じサングラスでも印象は変わってきます。

個性的にしたいときは、色付きにする等 色々な組み合わせを楽しめます。

夏のトロピカルなファッションだけでなく、冬の大人ファッションの中にもサングラスを取り入れてみましょう。