女性が貰って嬉しい喜寿の贈り物とは

ギフト

喜寿というのは77歳まで長生きをした長寿のお祝いのひとつです。

賀寿と呼ばれる長寿の祝には、60歳の還暦から始まりますが、

今や平均寿命が87歳を超える時代となり、喜寿ではまだ元気な女性がたくさんいる世の中となりました。

喜寿祝いに旅行券をプレゼントする人が増えている

航空券

そんな喜寿のお祝いに喜ばれるプレゼントで人気が高いのが旅行券です。

この年代の人は、まだ元気とはいっても体調が優れないこともあるかもしれません。

ですから、宿を予約してしまっては急なキャンセルに対応しきれない恐れがあります。

それにせっかく予約してもらった旅館をキャンセルするのは申し訳ないと、無理をして旅行に行き、体調を更に崩してしまうことだって考えられます。

その点、旅行券ならば自分の都合に合わせて使ってもらえます。

しかも、目的地が決まっているという訳ではないので自分が好きな場所を選べるというところも喜ばれる大きなポイントとなります。

メッセ-ジ入りフォトフレームも定番ギフトの一つ

メッセージ入りフォトフレーム

形として残るものをプレゼントしたいという希望があるならば、メッセ-ジ入りのフォトフレームをいうのも喜寿の女性が貰って嬉しい贈り物のひとつです。

特に遠くに住む息子や娘夫婦、孫も一緒に写った家族の写真は格別なものがあるのではないでしょうか。

特に遠方に住んでいるのならば、子供や孫に会う機会すら年に数回という場合もあります。

そんな時に、子供や孫のメッセ-ジ入りのフォトフレ-ムを貰ったら、一気に距離間が近づいて寂しい気持ちも吹き飛んでしまうことでしょう。

花を贈る場合は種類や色の組み合わせに注意しよう

花束

いくつになっても女性にとって貰って嬉しいプレゼントのひとつに花があります。

華やかな胡蝶蘭やバラも良いですが、敢えて喜寿の色である紫をモチ-フとした花を贈るという方法もあります。

しかし、ここで気をつけて欲しいのは、色の組み合わせです。

紫は高貴な色ですが、白と組み合わせるとお葬式を連想した色の組み合わせになってしまいます。

これでは大変縁起が悪いうえ、お祝いの席にはまるで相応しくありません。

従って紫の花に添えるのならば、明るくて華やかな色を選ぶようにしてください。

また、いくら明るい色でも仏花でもある菊等は避けた方が良いでしょう。

一般的に人に花を贈る場合は鉢植えの花は避けた方が良いと言われていますが、喜寿を迎える女性の間では実は鉢植えの花は人気があります。

その理由は自分で水をやって、育てていく楽しみがあるからです。

植木の花の種類を選ぶ際には、椿等の首からポトリと落ちてしまう花は不吉だと言われています。

なので避けた方が無難かもしれませんが、花が好きな人の中には、そういったことは全く気にならないという人もいます。

まずはさりげなくどういった花が好みなのかということを事前調査することをお勧めします。

切り花を贈るという際に、お花は綺麗だし貰ったら嬉しいけれど数日したら枯れてしまうのが、残念だという人もいます。

ブリザードフラワ-ならば手入れの必要がない

そんな人はブリザードフラワ-を選ぶという方法もあるので、覚えておいてください。

贈られる方の人の中にも花は大好きだけれど、年々体力的に手入れをするのが難儀になってきているという人もいます。

その点ブリザ-ドフラワ-ならば水をあげたり害虫の心配をする必要がありません。

大事にすれば10年ぐらい楽しめるものもあるので、是非検討してみてください。

オリジナリティーを演出したい方におすすめのギフト

額入りの似顔絵

ユニ-クなギフトを考えたいというのなら、額入りの似顔絵というのも良いアイデアです。

写真ならば撮る機会は度々ありますが、似顔絵というのはなかなか書いてもらう機会が少ないものです。

この似顔絵バージョンにはメッセ-ジ付きの額に入れるタイプのものをはじめとして、時計になっているタイプのものもあります。

また、インパクトがあるものを希望するのならば、ガラスケ-スに入ったフィギュアにしてリビングに飾るという方法もあります。

似顔絵を使ったギフトはユ-モアたっぷりの女性の間では人気の一品です。

写真を送付するだけで似顔絵を描いてくれるサービスがあるので、候補のひとつに入れてみてください。

洋服の場合は、明るい色で若々しいイメージのものをチョイスしよう

洋服

もうひとつ、女性に喜ばれるプレゼントには洋服というのがあります。

洋服を選ぶ際に気をつけなければならないのが、あまり年寄りっぽいデザインや色を選んではいけないということです。

多少派手に思われても、明るい色の洋服を選んでみてはいかがでしょうか。

気に入ってもらえるかどうか心配だという場合は、一緒に買い物に連れて行くというのも悪いことではありません。

その際でも無理強いしない程度に、是非若々しく明るい色の洋服を勧めてあげてください。

この方法はサプライズにはなりませんが、本人が気に入ったものを贈ることができます。

また帰りにレストランに寄ってそこでお祝いをするというプランに繋げることも可能となります。

まとめ

どんなギフトを贈るにしても、大切なのは相手に「もっと長生きしてくださいね。」というメッセ-ジが伝わることではないでしょうか。

贈る側のそういった気持ちが伝わることが、もらう側にとっては何よりも嬉しいことに違いありません。

それは何にしようか、あれはどうかと迷っている時間というのは、

相手のことを心から思っている時間に他ならないということが、きちんと伝わっているということでもあるからです。

会社の上司の退職祝いに複数名でお金を出し合って贈りたいプレゼント5選

プレゼント

上司への退職祝いのプレゼントは、喜んでもらえるものであること、そしてそれと同時、失礼にはあたらないものを贈ることが大切です。

金額は重要ではありませんが、少なくとも上司、すなわち自分より目上の人、しかもお世話になった人に対して贈るものです。

なので、やっぱりそれなりに金額はかけるのが相応だと考えられます。

複数名でお金を出し合いプレゼントを購入することには、そこにかけられる金額を多くできる。

そしてそのことでプレゼントの選択肢が広がると言ったメリットがあります。

ではこのような場合にはどんなものを贈りたいかを見ていきます。

旅行券・宿泊券

飛行機

まずは旅行券や宿泊券です。

旅行や宿泊プランをそのまま贈っても良いですが、その場合だと相手方の都合を事前に把握しておく必要があります。

また行先などによっては、実は相手が何度も行ったことがあると言うことも考えられます。

それであれば日程も行先も相手が自由に決めることができる旅行券や宿泊券を贈った方が良いと言う具合です。

仕事に忙しい時はゆっくり時間をかけて旅行すると言うのも難しいことです。

なので退職後、まずはいちばんに時間をかけて旅行を楽しんでほしいと言う気持ちを贈ることができます。

複数人でお金を出し合えば結構な金額の旅行券、宿泊券を贈ることができるので、相手もきっと喜ばれるはずです。

花束

それからふたつめのおすすめはお花です。

お花は贈り物の定番として、広く知られている存在です。

ですからたとえお花に興味がない人でも、贈られた人はそこに込められた気持ちを受け取ることができます。

よって、ある意味では定番であるからこそ安心できる贈り物だと言うこともできます。

女性の上司であれば、その方が好きなお花などをリサーチしておいて花束として贈っても良いですし、男性の方でも豪華な花束であれば十分な迫力があります。

ただし電車で通勤されている方の場合、持ち帰るのに苦労するようなことになってしまってはいけないので、その場合は宅配サービスなどを利用すると安心です。

また持ち帰った後、お花の手入れに手間をかけたくないと言う場合には、プリザーブドフラワーがおすすめです。

これであれば水やりなどの手間は不要で、それでいて花としての美しさは長続きするので安心です。

あるいはボックスアレンジと呼ばれるような、重箱のようなものの中に花がびっしりと詰められたものもおすすめです。

これであれば花束に比べると持ち運びがしやすいですし、持ち帰った後の手入れなどもそれほどはかからないためです。

お酒

日本酒

続いてのおすすめの品物はお酒です。

勿論、お酒が飲めないと言う上司の場合は避けるべきです。

でもよく一緒に飲んだ思い出があると言う上司や、お酒好きを公言されている方であれば、これはうってつけのプレゼントです。

この場合、その辺のスーパーや酒屋で販売されているお酒を贈ると言うのは避けたいところです。

せっかくの機会でかつお金もかけられるわけですから、やはりちょっと入手するのが難しいようなお酒や、全国の銘酒などを贈るのが素敵です。

インターネットを利用すれば意外と簡単に取り寄せられることも多いですが、時間がかかると言うことも少なくはありません。

ですから退職されると言う情報を得てからすぐに情報を調べるようにすると安心です。

お酒と言っても日本酒のみならず、ビール、ウイスキー、焼酎と様々な種類があり、選択肢が幅広いと言うのも魅力的です。

食べ物

牛肉

そしてお酒同様、口に入れるものとしておすすめなのが食べ物です。

たとえば有名な国産牛の詰め合わせや、日本全国の有名なお米と言ったものが近年では人気を集めています。

有名パティシエ監修のスイーツなどは、女性の方には特に喜ばれるかもしれません。

こちらもお酒同様、個人の好き嫌いが大きく関わってきます。

ただしだからこそ、食べるのが好きな方、特定の食べ物が好きな方にとってはとても嬉しいプレゼントになります。

ですので、こうしたことに思い当たる節がある場合は是非、贈ってみると良いです。

ただしこちらも持ち運びには気を使うことが考えられるので、衛生面のことを考えても、やはり宅配サービスを利用するのが最適です。

その場合は確実に相手に受け取ってもらえるよう、配送日時にも気を付けておきたいところです。

日用品

タオル

そして最後の5つ目は、日用品です。

日用品と言っても、たとえばハンカチは手切れを連想させるため、あるいは櫛は折れることを連想させるため避けるべきだと言われています。

しかし一方でタオルであればいくつあっても困ることはなく、特に今治タオルなどは高級品として広く知られているので、贈り物には最適だと言えます。

桐箱入りのものだとお値段もはるので、皆でお金を出し合って贈るにはうってつけです。

あるいは入浴グッズとして入浴剤などもおすすめです。

ちょっとこだわりがありそうな方にはバスソルトを、そうでない方には全国の名湯をイメージした入浴剤の詰め合わせなどを贈ると喜ばれます。

以上5選も含めて、直前になって慌てないよう早めに準備を始めておくのが安心です。

古希のプレゼントにおすすめする贈り物とは

シニア夫婦

古希祝いは数え歳で70歳を祝う長寿のお祝いです。

この祝いには紫色のものを贈るのが一般的といわれています。今と違い、紫は昔から特別な色でした。

そのため、特別な人たちしか身につけることができなかった色ということから、長寿の方に対する敬意の表れとして贈られるようになったといわれています。

そのため、古希を迎えた方には紫色の贈り物をするということになります。

ですが、現在では高齢化社会が進み、70歳といっても長寿というイメージは以前ほどないといえ、まだまだ若いという想いをもたれている人も多いです。

そのため、プレゼントを贈る時には

  • 長寿の祝いだからと行って老人扱いするようなギフトは選ばないようにする
  • 縁起が悪いものは送らないようにする

ということを意識すべきでしょう。

カタログギフト

縁起のよいものや思い出に残るプレゼントなどが人気が高いといわれています。

しかし、好みがよくわからない時はカタログギフトを贈るのはおすすめです。

長寿ということで若々しさのあるギフトを選ぶというのも一つですし、本人がどんなギフトがほしいか聞いてみるというのもいいのではないでしょうか。

この歳のお祝いは昔から紫色のものを贈るという習慣があるのでギフトを贈る場合には紫色が使われているものを選ぶということもおすすめです。

しかし、特に色にこだわらないという場合もあり、明るくて素敵なデザインのアイテムを贈るというのもOKです。

お花

胡蝶蘭

古希祝いに贈るギフトとしておすすめなのがお花です。

贈るギフトはバラや胡蝶蘭、ユリやカサブランカなどの豪華なお花が人気があるといわれています。

紫色の花なども喜ばれます。

生花として贈ると形に残らないということもありますので、他のギフトといっしょに贈るのがおすすめです。

女性などに贈る時には最近注目されているプリザーブドフラワーもおすすめです。

部屋が華やかになりますし、インテリアとして飾るといったこともできます。

さらに、水やりの必要もないので扱いやすいというメリットがあります。

似顔絵

似顔絵

また、似顔絵の贈り物も喜ばれているようです。

写真はあるけれども似顔絵はないという方の場合、プロに手書きで書いてもらえる似顔絵を贈ると喜ばれて、居間などに飾ってもらえます。

紫色を入れてもらって似顔絵を作成してもらうと長寿の祝いの雰囲気も出ますし、世界に一つだけの特別なギフトにもなっておすすめです。

家族や愛犬ペットなどといっしょに書いてもらったりするのも人気があります。

ネームインポエム

また、ネームインポエムも人気があります。

プロの作家の方がその人の名前に因んだ詩を作ってくれるといったとても注目の贈り物です。

メッセージなどを入れて読んでもらえますし、イラストなども描かれているものもあります。

これからも元気に過ごしてもらいたいといった想いを呼んでもらったりしてとても個性的な手文字で描かれていて味があってとても温かみがあります。

このイラストなどの一部にメッセージを入れてもらうと長寿のお祝いのギフトとしてもよりぴったりです。

特別感のあるギフトを贈りたいという場合にはこのようなネームインポエムなどのギフトはおすすめです。

名入りギフト

名入れギフト

そして、特別な日のギフトに世界に一つのこだわりグッズを贈りたいという人に選ばれている名入りギフトも人気があります。

ちょっといつもと違った贈り物としても注目です。

名入れグッズの贈り物ならメッセージ入りのフォトフレームや名前の入ったマグカップなどを贈ると喜ばれます。

さらに、お酒が好きだという場合には名前入りボトルも喜ばれます。

自分の名前が入っているギフトは世界でたった一つのギフトです。お箸に名前を入れたりするのも喜ばれます。

特別な長寿のお祝いはこれからもずっと健康でいてほしいという想いを入れて伝えてあげましょう。

旅行

旅行

また、旅先でゆっくりくつろいでもらえる時間をギフトするというのも喜ばれます。

旅行券を贈ったり、一緒に家族旅行に行ったりするのも人気があります。

毎日の忙しさを忘れてゆったりとくつろぐことができる温泉旅行はおすすめです。

まとめ

このお祝いは数え歳で70歳を祝う長寿のお祝いですが、昔と比べると若いといわれ今の70才の方にはあまり年寄り扱いするような贈り物はおすすめではないといえます。

その代り、ギフトを選ぶとすると元気になって毎日を過ごすのが楽しくなるようなアイテムを贈ると喜ばれます。

似顔絵やネームインポエムなど、紫色を取り入れた書画などを贈るのもおすすめです。

また、名入カップや名入ボトルなど名入グッズも人気があります。

温泉や美味しいグルメが楽しめる旅行券などのギフトも喜ばれます。

人気があるのは、カタログから宿泊先などを選べるようなエリア別の旅行券などもあります。

カタログなどを贈るとその中から欲しいものを選べるようになっているギフトもありますので予算に合わせて選びましょう。

このように、古希祝いは数え歳で70歳を祝う長寿のお祝いで、プレゼントを贈って喜んでもらいましょう。

 

併せて読みたい→古希祝いのプレゼントにオススメな品物5選

レストランウエディングをする際の注意点

結婚式はしたいけれどもできるだけ経費は押さえたい、式場であげるよりももっと気軽に挙式したい。

そんなカップルにおススメなのが「レストランウエディング」になります。

レストランウエディングは文字通り、レストランなどを借り切ってのウエディングプランになります。

プランナーなどをいれずに自力でのセッティングになることも多く、レストランウェディングは様々なポイントを押さえていく必要があります。

 

希望のレストランではウエディングプランがあるかどうかのチェック

レストランは本来ウエディングができるようには作られていません。

レストランウエディングなどのプランがある場合はある程度話もしやすいですが。まったくそのようなプランがない場合は挙式などができないことが一般的です。

また、ウエディング可能でも控室や着替えなどができるかどうかなども事前に確認することが大事になります。

ウエディング可能でも控室がないなども珍しくないので、本決定の前にこの部分はしっかりとチェックしておきたい部分になります。

当日までに持ち込むものがレストランウエディングは非常におおいので、控室に荷物などを置かせてもらえるかは非常に大事です。

 

おススメになるのはレストランウエディングを前面に出している店舗になります。

 

人数の確認

レストランウエディングで大事なのは人数の確認になります。

レストランは本来挙式ができるようにはつくられていないものであり、控室などもない場合も珍しくありません。

また、収容人数とは別に待機できるスペースなどにどれだけの人数がはいれるのか、同じ場所で二次会を行う場合などには人数の増減なども確認する必要があります。

レストランの収容人数を呼びたい人数などがあわない場合は会場の変更なども考える必要が出てきます。

レストランウエディングは収容可能人数よりも招待人数は少なめにすることで会場を広く使うことにも繋がります。

 

実際の挙式の実績などを見せてもらう

レストランウエディングは実際にそのお店で挙式した人などの実績を見せてもらうことがおすすめになります。

この際に招待人数などをいくつか見ることで自分たちの挙式のパターンをくむことが可能になります。

レストランウエディングは料理をメインに考える人が多いですが、大事なのは収容人数やウエディングの際のオーナメントなどの飾りつけ、控室の使用の可、不可などになってきます。

実際の挙式の実績などでこれらが確認できるので気になるお店などはホームページや電話、アポイントを取って直に訪問してみるといいかもしれません。

貸衣装との連携

レストランウエディングの会場が決まった後には衣装屋との話合いになります。

通常であれば結婚式場などにドレスなどを運んでくれるので保存なども容易になっていますが、普段挙式などをしない場所への持ち込みの場合は保存状態などにも変化が出てきます。

控室がしっかりとしている場合は臭いなども気にせずに済みますが、それでない場合は当日までの保管で臭いが付いたなどもありえないとは言えません。

前日の夜にドレスを搬入するにも立ち合いが必要な場合などもあります。

レストランウエディングであることを衣装屋に伝えて判断を仰ぐこともおススメになってきます。

リサイクルドレスの活用

レストランウエディングなどで多く活躍するのがリサイクルドレスになります。

これは型落ちや少し古くなったドレスなどを安価で購入し、自分で持ち込むことになりますがドレスの状態な度をチェックしたり、セルフカスタムなども可能であり前日にお店に持っていくだけでいいという手軽さがあります。

 

どうしても管理が難しいときは

式の前はやることが多く、ドレスなどの管理まで手が回らない。

これはよくあることです。この場合は衣装屋とお店で連絡を取り合ってもらうことで間に自分たちが入ることをカットし、最短の管理が可能になります。

決まったことなどは当日中に連絡が入ることがほとんどなのでタイムロスなども少なくて済む方法です。

料理などの決定

予算内で人数分の料理をお願いしていくことになります。

料理などはお店におススメを幾つかコースで提示してもらいその中に追加していくなどでオリジナル色を出してくなどが一般的です。

また、レストランウエディングなどの場合はプチフールなどをお土産にすることなども多く、女性の人気に繋がっています。

料理などは大まかなイメージなどを伝えるだけでもお店の方である程度提案してくれるので細かな指定などよりもある程度任せてしまってもいいでしょう。

引き出物などはどうしたいいのか?

レストランウエディングの場合はそのお店の名物などをお土産にすることが多く、そのほかにカタログギフトなどを付けることで荷物なども少なくすることに繋がります。

また、カタログギフトなどは保管場所などもとらないのでレストランウエディングの場合は上記のプチフールやワインなどと一緒に参列者に渡すことが多いです。

引き出物などの相談もお店の方と打ち合わせていくことになり、お店の名物などを一緒に持たせる場合などは個数などの確認も大事になります。

レストランウエディングのメリットの一つである、挙式で出た食事の一部を自宅でも食べれるなどを考える場合にはスイーツやプチフールなどをお店の方に当日までに準備してもらうことになるので、最終人数の確認などは忘れずに行い、お店と連絡を取り合っていくことになります。

最終的な費用は?

レストランウエディングの最大のメリットは料金が披露宴や挙式などを式場であげるよりも大幅にやすくなることにあります。

式場などをかりる場合の半額以下などで終えられることが多いですが、その分自分たちで準備することも多くなります。

ですが、ポイントを押さえれば非常にスムーズに進行していくのでレストランウエディングであり、急に挙式を挙げることになった場合もレストランウエディングの場合は準備などもしやすいこともメリットになります。

会費制などで挙式を考える人もレストランウエディングであることが多いのもここに起因します。

結婚式で印象を左右するもので最も大きなものが食事になります。

食事が満足できない人が多い人式の印象は悪くなってしまいがちなので、短期間で準備ができて食事もおいしいレストランウエディングならばこの部分の不安を大きくカットすることにも繋がります。

特に急な挙式の際には不穏な空気なども流れやすいものですが、美味しい食事と素敵なレストラン、気の利いたお土産などがある場合はそちらで大幅に印象を変えることにも繋がります。

レストランウエディングは3ヶ月ほど準備期間があればほぼ挙式と同じような計画を作ることもできますが、引っ越しや妊娠などで出来るだけ早い挙式をと考える場合は2週間などで準備も可能です。この場合はプランナーに依頼して、リラックスしてもらいたいのと急な計画になってしまったのでレストランウエディングが希望だと伝えればスムーズに進みやすくなります。

挙式をする予定ではなかったけれども急きょやることになったなども多く、その際にもレストランウエディングは早目の準備が可能なので非常におすすめ方法になります。

2週間などの場合はプランナーがいない場合はレストランウエディングを請け負ってくれる店舗を経由してプランナーを立ててもらうなども可能なので。自分たちだけではどうにも出ないないと考える前に一度相談してみることがおすすめといえます。

おすすめの記事→結婚式をあげるにあたって必要なもの

子供連れの参列はどうそたらいいの?結婚式のNGとは

子連れでの結婚式への参加は様々な注意点があります。

基本的に乳幼児などがいる場合は参加を断ることが多く、参列などは4歳以上などが望ましいといえます。

特に、乳幼児などの場合でまだ断乳などが終わっていない場合は相手から希望されてもできるだけ断るほうが一般的にも無難とされます。

 

無理に乳幼児を連れて行かない方がいい理由

ネットなどに多いのは結婚式に乳幼児を連れてきて、途中で泣き出したり披露宴中に銃乳を始めた光景に出くわしてしまったなどがあります。

乳幼児は泣き出すものであり、授乳も必要な行為なのだからこのような言われ方をする必要はないという人もいるかもしれません。

 

授乳なども別室や授乳室などがある場合はそちらを利用することがベストであり、披露宴中に授乳などは結婚式の進行を阻害するものになります。

結婚式の主役はあくまで新郎新婦であることを念頭に置くことでこのような事態は回避できるかと思います。

 

また、乳幼児が泣き出してしまった場合などはキッズルームなどを使わせてもらうか、泣き止むまで披露宴場外などで過ごすことになります。

この際にも「泣くのはしかたがない」「子供のしたことだから」という言葉は自分が発するものではないことを認識することも大事になります。

子供が好きな参列者もいればその逆もいる。

この考えは非常に大事であり、無理に子供を連れて行かない方がいい理由にもなります。

 

新郎新婦から、子供さんも一緒にとあっても預けてくる人が多いことなどもこれに起因します。

どうしても預ける人がいない場合は乳児室やキッズルームがあるかどうか、当日に使用することができるのかどうかを会場に問い合わせて子供を連れていくかどうかを考えてもいいでしょう。

 

 

 

予期せぬことが多く起きる

結婚式などは子供さんにとっても珍しい光景であり、普段見ることのないドレス姿の花嫁などをみて興奮状態になることも多々あります。

普段おとなしい子でも緊張してしまったり興奮してしまったりで泣き出したり、嘔吐なども珍しくありません。

結婚式などは幕間に静かな部分などもあったり、転調などもあり、小さな子供さんなどが驚いてしまうことなどは珍しくありません。

また、おむつなどがまだ外れていない月齢の子供やトイレトレーニング中などの場合は会場内での粗相なども多く、せっかくの結婚式を台無しにされたなども多く上がる声になります。

「かわいい子供が参列すればみんなうれしい」という考えに間違いはありませんが、同時に「子供の声は騒音にもなりうる、式の進行を妨げる」なども考えておくべき問題です。

 

子供連れの結婚式はデメリットが多い

アルコールなども提供される場所であり、普段よりも子供の声が響きやすいなどで大声を上げてしまう人なども多いのが結婚式になります。

預けることができない場合や、会場にキッズルームや託児施設がない場合は無理に参列切に、子供の月齢がまだ結婚式に向かないことなどを理由に欠席でももんだいはありません。

この場合はご祝儀などを袋ごと書留などで送ることで参列する意思があったことなどを戦法に伝えることにもなります。

無理に連れて行って泣かせてしまうよりも、時には断ることなどのほうがスマートでもあります。

 

 

ブリザーブドフラワー

 

適齢期の子供の参列

6歳前後の子供であれば意思の疎通などもしやすいことから参列する不安なども少なくなります。

小学生などの場合は礼服などを着用した参列になり、中学生、高校生の場合は礼服、もしくは制服などでの参列がベストになります。

中高生はほぼ音など同等の扱いでOKであり、小学生でも高学年などであれば振袖などの着用でも問題はありません。

ドレスコードなどは年齢が上がれば問題が起きることはほぼありませんが、幼稚園や小学校低学年などの場合は、花嫁に似通ったドレスなどの着用は避けるべきものになります。

 

フラワーガールなどを頼まれた場合などはその時に着替えるかケープやドレープなどでアレンジするなどで対応していくことがおすすめになります。

 

白のドレスなどは出来るだけ避けておくことや、ティアラなどの装飾はやめておいた方がいいかもしれません。

花嫁に依頼された場合などはドレス的な物でもいいかもしれませんが、こちらの判断のみで「この方が喜んでくれる」という考えはあまり好まれないといえます。

結婚式の主役は新郎新婦であり、参列者の子供ではないことを念頭に置くべきです。

 

ご祝儀はどうするべきなのか

子供も一緒の参列、出席の場合に考える必要が出てくるのはご祝儀になります。

幼児などの場合は5000円の追加、小学生以降は1万円~15000円等の追加などが目安になります。

これは幼児などはキッズプレートなどの料金の目安であり、小学生などはコース料金などの計算になります。

子供の参加だから包まなくともよいという考えはあまりいいものではなく、中学生からは大人と同じ金額を包むことが一般的になってきます。

乳幼児などの場合でも酸化する場合にはきちんと包むことが大事です。

 

 

名前の書き方

夫婦などで参列する場合は連名にすることが多いですが、同じように子供さんを連名でかいても問題はありません。

世帯主だけを書いてご祝儀を渡しても親類などであれば認識できることが多いので世帯主だけという場合もあります。

混乱などを避ける場合には夫婦と子供の連盟が無難と言えます。

 

子供だけ別にご祝儀袋準備するなどの必要がありません。適切な金額を一緒に封入し、ご祝儀袋を1枚にして渡すことでもOKです。

 

子供だから許されるは許されない

子供だから結婚式などで騒いだりしても、許されると考える親は少なくありません。

中には主役は自分たちの子供だと言わんばかりの親も中には存在します。

礼節を守れる子供さんも多い中で、騒ぎ立てる子供さんを放置したままの両親などがいる場合は、その世帯を招いた側の品格などにも影響がでてきます。

結婚式は参列する側の行動が方々に影響を及ぼすことがあります。

乳幼児の参加などは不測の事態をまねやすいことから辞退する人が多いのも前述にあげたとおりになります。

また、無理に参列して「来てあげたのに」なども双方に良い結果は作りません。

 

ガーデンウエディングなどの参列

ガーデンウエディングなどの場合は季節によってはインフルエンザの感染なども考えられます。

待機できる場所があるかどうか、子供さん自身が体調不良などを親や周囲に訴えることができるかどうかなどに不安があるときは無理に参列せずに式場内の待機スペースなどで待っている方が無難になります。

特に、幼児や低学年児などは体調不良などを訴えにくく、状態が重篤になってから周囲が気付くなども珍しくありません。

また、昨今の熱中症で重篤な症例を引き起こしやすいのも幼児や低学年児であり、脱水状態などを伝えることができずに痛ましい事案なども起きています。

特に「眠い」「疲れた」などは脱水のだるさなどを訴えていることもおおく、伝え方がわからずにこのような表現になっていると考えてもいいかもしれません。

ガーデンウエディングなどは日陰などがない場合も多く、参列する場合には定期的な水分の補給ができるかどうか、待機スペースや避難できる場所などを確認しておくことも自己を防ぐために大事になります。

特に、礼装などは暑さなどをより籠らせてしまうことも多いので、幼児や低学年児のガーデンウエディングの参加は注意を払っていく必要がより大きくなります。

お勧めの記事→結婚式はなぜするの?結婚式を行う意味やメリットについて

両親への退職祝いに選ばれる人気プレゼント

旅行

旅行

退職祝いには様々な選択肢を持つことができます。

そんな中でも特に人気のあるプレゼントとして、ひとつに旅行に連れて行ってあげることです。

仕事をしていると、なかなかまとまった時間を作ることができませんので、旅行へ行きたいと思っていても実行できずじまいということも少なくありません。

ゆっくりと時間が持てるようになったところで、旅行へ行きたいと考えているケースも多いです。

これから両親たちで自由に旅行へ行くことを計画していることもあります。

敢えて子供がプレゼントをする必要もないと感じるかもしれませんが、そこは切り離して考えることも必要と言えます。

子供からの感謝の気持ちを表すという意味や、退職祝いも兼ねて旅先で一家揃って楽しむのも良いのではないでしょうか。

なお、旅行を計画する場合、二人の希望を考慮した場所へ連れて行くと喜びも倍増するはずです。

したがってどんな場所へ行きたいと考えているのか、リサーチしておくと良いでしょう。

ちなみに、移動で負担が増してしまうと、却って疲れさせてしまうこともあります。

子供が移動をメインで行うなり、公共機関を利用するのならしっかりと手配をしておくなりの心掛けも持ちたいところと言えます。

趣味にまつわる・役立つプレゼント

ゴルフ

退職後の時間を有意義に使ってもらうために、趣味に関係する物をプレゼントするのもひとつのアイデアです。

自由な時間を謳歌するには、趣味を大切にするのもポイントです。

今まで存分に時間を掛けられなかった分、退職後は思い切り楽しみたいという人もいるでしょう。

そこでピッタリなのが趣味に役立つ物のプレゼントです。

子供から存分に退職後を楽しんで欲しいという気持ちが伝わると共に、これからの時間を有意義に過ごしてもらうために役立ててもらえます。

ただ熱心な趣味の持ち主ですと、道具などにも人一倍の拘りを持っていることがあります。

贈った物がイマイチだったと感じさせないためにも、しっかりとリサーチしておくのがおすすめです。

特別な食事

えび 刺身

普段はなかなか行かないような、高級なレストランや料亭などを手配するのも良いかもしれません。

旅行や趣味などは好みに大きく左右される部分もありますので、チョイスに迷ってしまいやすいですが、食に関しては大きく外れることが少ないはずです。

雰囲気や料理の味、サービスなどの評判が良いところを見付けて連れて行ってあげることで、美味しい食事に舌鼓を打ちながら家族揃って楽しめます。

個室が用意されているところを選べばゆっくり楽しめつつ、退職祝いの場としても最適です。

オリジナルアイテム

オリジナルアイテム

退職祝いと言えば感謝の気持ちを伝えるタイミングでもあるため、気持ちを込めたプレゼントをチョイスするのもおすすめです。

そして気持ちを伝えるためのチョイスとして、オリジナルアイテムを検討してみるのも良いかもしれません。

オリジナル品ですと世界にひとつしかなく、拘りを感じさせることができるはずです。

既製品で見繕って贈るのも良いのですが、差別化を狙ってみるのも良いでしょう。

ただ、オリジナルアイテムというのは様々な物が登場していますので選択に迷うところです。

そんな中でも注目されている品としては、写真をもとに作成するフィギュアが挙げられます。

例えばスーツを着た父親のフィギュアを作ることで、これまでの仕事における頑張りをカタチとして残すことができます。

また、過去の思い出をカタチづくることができるため、仕事に勤しんできた自分に想いを馳せることができるでしょう。

もちろん退職後は仕事のことを忘れて楽しんで欲しいという時には、もっと別のデザインで作ることもできます。

アイデア次第でいくらでもプランを練れますので、どんなデザインが良いのか考えてみると良いでしょう。

カタログギフト

退職祝いのプレゼントは贈る側としても喜んでもらえた方が嬉しいものですので、紹介してきたような内容で検討してみるのも良いかもしれません。

しかしながら、どんな物ならば喜んでくれるのか、答えを見付けるのは意外と難しく感じるものです。

特に退職祝いという特別なタイミングですと余計に頭を悩ませてしまいやすいはずです。

そのような場合、両親に選んでもらうという選択肢もひとつのアイデアです。

そこでおすすめなのがギフトカタログで、複数の選択肢の中から希望に応じて選び出すことができます。

ただし一般のギフトカタログではあまり面白味がありません。

風変りなカタログとして、体験型ギフトカタログという物も登場しています。

これは体験できる様々なイベントが集約されたものであり、ただの物を贈る時とは違ったカタチで喜びを提供できます。

例えばクルージングやレストラン、スパなどのイベントが用意されていますので、体験そのものを通して充実の時間を過ごしてもらうことができるのです。

両親に選んでもらうことができるため失敗が少なく、また、選ぶ楽しさも感じてもらえます。

物とは違い、体験は一生モノのため、記憶に残る贈り物をすることができるはずです。

お勧めの記事→両親の退職日に驚きのサプライズ 

母の傘寿のお祝いにプリザーブドフラワーはいかがですか

家族

日々過ごし、大人になり家庭を築き幸せな生活を送ることは大切です。

子供の頃は親にいろいろと世話をやかれたり、迷惑をかけてしまったりとふと、大人になってから思い出すこともあるでしょう。

子供から大人になるまではいろいろな出来事があります。

親とも意見があわずにケンカしてしまったりすることもあります。

ですが、親も子供を育てるためにいろいろな思いから教育し育ててくれているのも事実です。

自身がそれだけ成長し大人になったということは親もそれだけ歳をとったということです。

高齢になることで足腰も弱くなり、状況によっては親のサポートをする、一緒に暮らすなども視野に入れておく必要もあります。

親の年齢によっては長寿を祝う歳になっているいるなら、今までの感謝を込めて祝いの席を準備してみるのもいいでしょう。

長寿祝いについて

赤ちゃんからお婆ちゃん

長寿のお祝いで有名なのは還暦です。

数え年で61歳を迎えた人が対象となるため、その年齢になった親をお祝いしてあげた方もいるでしょう。

また、さらに親が高齢になり80歳を迎えた時には傘寿といい長寿をお祝いする日本における伝統行事の一つです。

還暦や傘寿以外にも70歳では古希、77歳では喜寿もあります。

傘寿のお祝いをする歳は数え年でみて80歳の年に行うことになります。

数え年は誕生日ではなく元日を基準にカウントする点や生まれた年から1歳として数える点など把握しておくことも大切です。

傘寿の基本カラー

紫 花

傘寿のお祝いでは紫色のちゃんちゃんこや座布団を用意するのが基本です。

昔から高貴、気品などをあらわす色として用いられる色であるため、敬意や尊敬を示す意味で傘寿のお祝い、その他にも古希や喜寿などでも用いられる色です。

傘寿のプレゼントについて

母親を祝うということで祝いの席を設けるのはいいことです。

また、プレゼントを準備するというのも大切なことです。せっかくの祝いの席です。母親本人が喜ぶプレゼントを準備しましょう。

80歳の年齢で喜んでもらえるプレゼントをみつけることは、なかなかやさしいことではありません。

ですが、昨今は様々な長寿のお祝いにふさわしい様々な商品が販売されています。

最近は湯飲みや似顔絵入りのポエムや時計など日常生活で使えるものや記念に残るようなプレゼントをする方も多い傾向があります。

孫からも記念のプレゼントを

孫 お母さん お婆ちゃん

また、親が80歳ということは子供が大人としていい年齢になっている時期でもあり、孫が生まれ成長している時期です。

孫から記念のプレゼントをするというのも喜ぶプレゼントの1つといえるでしょう。

映像

また、近年では動画などを作成して映像言葉音などうまく演出してみることで祝うというのも1つの方法です。

プリザーブドフラワー

ブリザーブドフラワー

このようにいろいろとお祝いをするためのギフトを用意することもできますが、その他にもプリザーブドフラワーを贈るというのもいいでしょう。

プリザーブドフラワーはある程度の期間水なしの状態でもみずみずしさを保つことができます。

そのため、ギフトとしてさまざまな場面で利用できる点はメリットの一つです。

忙しい方には向かない

また、造花では味気ない、生花だと贈られた側も喜ぶ可能性は高くてもしっかりと水やりなどきちんと世話ができるかどうかによって、かえって大変な思いをさせてしまう可能性もあります。

喜んでもらうために贈った物がそのせいで相手が困ってしまうのはできればさけたいところです。

贈る相手が忙しくなく生活に余裕がある、花を育てるだけの時間がある場合には生花は有効ですが、そうでない場合には違うギフトを選ぶということも大切です。

傘寿のお祝いにお花を贈りたいという場合でも、親の年齢から時間的余裕はあっても高齢という点から、足腰が弱っている可能性もあり、満足に花の世話をできるかという点がポイントです。

この点からプリザーブドフラワーをギフトで贈るというのはメリットがあります。

長く楽しめる

カレンダー

基本的に世話をする必要がなくきれいな状態を楽しめる期間も比較的長いためギフトとしてはベストだといえます。

プリザーブドフラワーは2年から3年程度は楽しめるといわれていますが、一般的な家庭状況だと1年程度が目安とおきましょう。

花言葉で気持ちを伝える

また、花には花言葉というものがあります。

言葉に表さなくても相手に気持ちを伝えることができるため、感謝が伝わる花言葉をもつプリザーブドフラワーなどを母親にギフトでプレゼントしてみるというのもいいでしょう。

言葉を伝える、メッセージカードなど普段言えない、想っていても直接伝えてこなかった気持ちを伝えるということも大切です。

それを花言葉を通じて伝えるというのも一つの方法です。

まとめ

ハート

祝いの席ではプレゼントというのも大切ですが、一番重要なのは記念となるいい思い出となる日にすることです。

母親が家族に囲まれて幸せを実感できるように祝ってあげましょう。

子供、孫に囲まれて祝われるということはとても大切です。

母親がさまざまな思いで人生を歩み子供を育て、その子供が立派に成長しその感謝を示してくれるというのは、とてもうれしいものです。

母親だけでなく子供や孫、家族全体が幸せな日となるように過ごすようにしましょう。

 

参考記事→傘寿祝いのプレゼントはどんな基準で選べばよいか

77歳のプレゼントで喜ばれるセンスの良いお菓子5選

日本では昔から年齢の節目にお祝いをする習慣があり、還暦60歳・古希70歳・喜寿77歳・米寿88歳は長寿を祝う行事とされています。

長い人生を生き抜いてきた人生の先輩のおじいちゃんやおばあちゃんに感謝の気持ちを込めて、家族みんなでお祝いしてあげたいですね。

長寿のお祝いの中で、喜寿のお祝いにプレゼントしてあげたいお菓子を5選集めてみました。

喜寿は数えで77歳になるとお祝いをします。

料理やお花・お孫さんやひ孫さんからの絵やメッセージなど、どれも素敵なプレゼントですが甘い物が大好きなおじいちゃんやおばあちゃんならお菓子の贈り物もきっと喜んでくれるのではないでしょうか。

ホールのケーキ・長寿まんじゅう・カステラ

お祝いと言えばまっ先に浮かぶのがやはりホールのケーキではないでしょうか。みんなが集まる席にホールケーキが登場すると、盛り上がること間違いなしです。

ケーキ屋さんの中には、写真をケーキにしたり、似顔絵やメッセージを入れてくれるお店もあり、サプライズで利用するとおしゃれな贈り物に喜んでくれるのではないでしょうか。

大手ネットショップでお菓子を扱っているお店では、長寿用のお菓子を用意しているお店もあり、紅白の可愛い長寿まんじゅうや祝喜寿と名前が書かれたカステラ・ケーキで出来ている感謝状など特別なスイーツを注文することが可能です。

どら焼き・きんつば・ようかん

年齢を重ねると洋菓子よりも和菓子を好むおじいちゃんおばあちゃんも多いのではないでしょうか。

少し奮発して老舗のどら焼きやきんつば・ようかんなどを贈ってあげるのもおすすめです。老舗のお店ならではの高級感あふれる和菓子に笑顔いっぱいになるのではないでしょうか。

バウムクーヘン

和菓子が苦手なおじいちゃんやおばあちゃんには、バウムクーヘンがおすすめです。日本ではバウムクーヘンはおめでたい贈答品としてよく使われます。

しっとりとしていて甘さもほど良く、やわらかいので年配の方にも食べやすく好まれるスイーツです。バウムクーヘンは丸い棒に生地を何度もかけなから回して焼いて行きます。

生地をかけるたびにだんだん太くなってがっしりとした木のような形になっていく工程が、長い人生を重ねてきた様子と重なるため、長寿のお祝いのお菓子としてぴったりなんです。

あんぽ柿

和歌山県には、種なし柿を使用したあんぽ柿があります。

柿の自然な甘さが広がるあんぽ柿は上品な味わいで、まさに果物で出来たスイーツで、商品名も長寿柿という名前なので長寿のお祝いにぴったりです。

ユニークなものから、高級感あふれるお菓子まで喜寿のお祝いにぴったりのお菓子は色々揃っています。おじいちゃんおばあちゃんの好みに合わせて選んであげるといいですね。

遠方に住んでいて直接お祝いに参加出来ない場合は、ネットを利用してお菓子を贈ってあげるのがとても便利です。

自宅にいながら商品を選べ、熨斗やラッピングも無料でお願い出来ます。メッセージカードのサービスを行っているお店もあり、感謝の気持ちを届けられます。

写真入りや名前入りなど特別なスイーツを注文する場合は、時間もかかるため日数に余裕を持って注文することが大切です。

参考記事→喜寿祝いのプレゼントで喜ばれるおしゃれなお菓子5選

還暦のお祝い用プレゼントの選び方|男性編

還暦の際のプレゼントを男性に贈る場合には、贈る相手の趣味や性格を反映させた品物を選ぶと良いです。

特に趣味に関連する品物は、喜ばれることが多いので事前に送る相手の趣味を確認した上でプレゼントを選びましょう。

通常還暦の男性に贈る品物で定番となっている品物は赤いちゃんちゃんこですが、赤いちゃんちゃんこに関連する品物を趣味に反映させた形で贈るケースが多いです。

例えばランニングが趣味の男性に赤いランニングウエアを贈ったり、釣りが趣味の人に赤いベストを贈ると、還暦の贈り物に喜ばれます。

60歳だと色々と趣味を持っている人が多く、男性の場合には特に様々な物事に興味を持っている年齢なので、興味のあることに関連する品物と還暦のお祝いを組み合わせると良いでしょう。

座布団

男性が60歳のお祝いでプレゼントされると嬉しい品物で、その他に挙げることができるのが座布団です。

座布団は日常的に利用することが可能で、リラックスする際に使用するものなので、相手に良い印象を持ってもらえます。

また頻繁に買い替える品物ではないことから、長く使ってもらえる点もポイントです。

色やサイズが豊富で選択肢が豊富な点も選ぶ側にとっては重要で、相手の好みを反映させた形で品物を選べるので、贈る側も贈られる側もメリットの多い品物と言えます。

色に関しては赤が選ばれることが多いですが、近年では色を赤に限定せずに贈ることも多いので、日常的に使用してもらいたい場合には、落ち着いたカラーを選択すると良いでしょう。

食器類

日常的に使用するタイプの贈り物で人気なのが、湯呑みなどの食器類となっています。食器類は毎日使用する物なので需要が高い品物です。

また種類が豊富で大きさや色を細かく設定することが可能なので、相手が喜ぶ品物を適切な形で選べます。

還暦のプレゼントで湯呑みを選ぶ場合には、贈答用の品質の高い湯呑みを選ぶと良いです。

近年還暦の贈り物で選ばれるケースが増えている時計は、男性向けのプレゼントでは定番になっているので、どのタイプの相手に対しても間違いのない贈り物と言えます。

時計

贈り物の時計は価値が認められたブランドの時計を贈るケースが多く、日常的に身に付けることが可能なデザインを選ぶと良いです。

ただ時計の趣味には色々と個性があることから、事前に贈る相手にどのようなデザインが好みなのかを聞いておくと安心です。

時計や湯呑みなどのいつまでも手元に残る品物以外に、お酒や旅行などを贈る場合には、ちょっとした小物を記念でプレゼントしておくと贈った相手から喜ばれるケースが多いです。

お酒

お酒の場合にはお酒の質と同時にケースや瓶に対して特別な装飾が施されていたり、特殊なデザインとなっている品を選ぶと良いです。

旅行

また旅行を贈る場合には、旅行先でなにか記念になる物を贈っておけば一生の思い出になります。

贈り物を選ぶ際には相手の気持ちが大切なので、事前に趣味や性格を理解しておきましょう。

プレゼントの選び方の参考記事→
還暦祝いのプレゼントに何を贈る?男女別の喜ばれる物やイベントについて

上司の77歳のお祝いに贈りたいプレゼント5選

喜寿とは77歳を指し、「喜」の字を漢字の草書体で表すと上が「七」下が「十七」で「七十七」となります。そういう言われで、77歳のお祝いになったようです。

長寿のお祝いとして、身内で食事会などを開いてお祝いをするというのが一般的です。

親族ならその人の趣味や好みも分かりますが、相手が上司の場合、プレゼント選びには頭を悩ませます。

ですが多くの企業は60歳、65歳で定年となり、一緒に仕事をすることもほとんどありません。次第に疎遠になってしまい、顔を合わせることも無くなる筈です。

それでも中にはお世話になった上司への感謝の気持ちで、節目節目にプレゼントをする人もいるでしょう。

喜寿も長寿の領域に入っている訳ですから、その人に相応しい物を送りたいものです。

定番はお花(プリザーブドフラワー)

そこで真っ先に考えられるのは、華やかで美しいお花です。お花と言っても、花束に鉢植え、ブリザーブドフラワーなど様々な種類があります。

昔は生花の花束が定番でしたが、今は胡蝶蘭や観葉植物などの鉢物や何時までも枯れずに美しいブリザーブドフラワーが主流です。

寄せ書き

次にお祝いとして喜ばれるのが寄せ書きです。寄せ書きによって近況報告も出来ますし、上司にとっても部下の動向は気になるものですから、喜ばれる事間違いなしでしょう。

寄せ書きなら高額な品ではないので、上司が気を遣うということも余りありません。金額ではなく、お世話になったという気持ちを込めて書くことが大事です。

夫婦茶碗などの陶器

又奥様がご健在なら、夫婦茶碗などの陶器も良いかもしれません。コーヒー好きの方には、ペアのカップも案外喜ばれる品となっています。

最近は77歳といってもまだまだ元気なので、趣味や習い事を頑張っている人も少なくないです。

そういう人には、少し事前のリサーチが必要ですが、趣味などに役立つものが良いでしょう。

服飾小物

活動的な人は、身なりもきちんとしているおしゃれな人が多いです。鞄や財布といった持ち物にも気配りをする筈ですから、服飾小物類も候補に上げられます。

ギフトカード・旅行券・カタログギフト

そしてちょっと味気ないという人もいますが、やはりギフトカードは外せないでしょう。自分好みの物が買えますし、旅行券なら旅行を楽しむことができます。

最近ではカタログギフトというのも人気で、プレゼントとして選ぶ人が増えています。

このように、花、寄せ書き、陶器、服飾小物、ギフト券と5点選びましたが、これら以外にも適したプレゼントは色々あります。

上司の事を思い浮かべながら、慎重に選ぶのが大切です。プレゼントというのは、どんなに知恵を絞っても、完璧に喜んで貰える物は難しいです。

人其々考え方が違うのですから仕方がないことですが、プレゼントを渡す時に、感謝の気持ちを込めた言葉を添えることが大事かもしれません。

メールやラインの世の中であっても、言葉を発することでコミニュケーションがスムーズになるように思われます。

「こんにちは!」や「有難う!」という挨拶は、優しい気持ちにさせてくれます。

参考記事→上司の喜寿祝いに送りたいプレゼント5選